11月19日 「検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願」 100万人署名国民運動がスタートしました! -署名集めのコツ-

『"小沢一郎議員強制起訴議決"を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願』の署名活動がスタートしました。

目標は100万筆です。

下記資料ご覧の上ご協力お願いします。

請願署名のお願い3請願署名のお願い3.pdf
(11月29日変更)

請願書(署名用紙).pdf


<100万人請願署名の3つの意義>

1.審査員の存在すら不明の幽霊検察審査会が、不透明なプロセスで、強制起訴の議決を下した。
これは民主主義を破壊する所業だ。法治国家でなされることではない。

100万人請願署名提出で、私達の強い抗議の意思を示そう

2.マスメディアは「強制起訴議決した」という結果だけしか報道しないので、多くの国民は検察審査会の実態を知らない。
法務大臣が「個別の事案については答えを差し控える」などと言って、問題の解決に乗り出さない。

100万人請願署名活動を通じて、このことを大勢の国民に知らせよう
 
3.100万人請願署名を国会に提出することにより、紹介議員に強く追及してもらおう


<短期間に、100万筆の署名を集めるコツ>

100万筆というと、とてつもない数字だ。
しかし、賛同者がやる気ならできる。

個人的なことで恐縮だが、一市民Tは、地域的な問題で、1ヶ月半で約18,216筆の請願署名を集めた。

その時の経験では、一市民Tが直接説明して署名をもらったのはごくわずかだ。

300人ぐらいの方に手紙と電話で趣旨を理解してもらって、署名集めをお願いした。
その方達が核になって集めて頂いた。

窮すれば通ずる。
なんと一人で2000筆の署名を集めてくれた頭の下がる友人もいた。

今回の請願署名集めは、地元の町議、区議、市議、都議、県議、国会議員にお願いする手が有効だ

地元の先生方は、多くの支持者の心を掴んでいる。
本件については問題意識が高いはずだ。
切々とお願いしよう。

会合等でお願いするのも有効だ。
これからのシーズン何かと会合が多い。

お願いする際は、「ホームページからダウンロードして用紙を取り出して」などと言わず、「請願署名お願い」と「請願書(署名用紙)」を直接渡そう。

その場で書いてもらわず、「家族や友人にも声をかけて」とお願いしよう。

署名用紙は多めに配って頂きたい。
「こんなに集められない」などと言われるかも知れないが、何とか期待に応えようとしてくれるものだ。

そして自分で一次回収をしよう。

署名で名前や住所を知られたくない方もおられるが、ご安心頂きたい。
署名の全てを、そのまま衆・参議院事務局に持ち込むため、他人の目に触れることはない。

10万人の方が、10筆ずつ集めれば100万筆だ。

これで世の中が良くなれば有難い。

みんなで頑張ろう。

自分達の意思を一筆にこめて。

これぞ、国民運動だ。

2010年11月19日