5月25日 マイニュースジャパンに「日経・読売の検察リーク虚報」記事出稿、掲載される!

My News Japan
『「嘘は大きく、訂正は小さく」日経・読売の検察リーク虚報問題で購読打ち切りました』
こちらをクリック  http://www.mynewsjapan.com/reports/1245

記事後半1/3と一部の資料詳細が会員限定になっているため、アクセス頂いた方が、後半部分等を読むことができず甚だ申し訳ない。
日経と読売を購読されておられる方、マスメディアの実態を詳しく知りたい方は、勝手なお願いだが会員になって頂き、全文ご覧願えたらと思う。
会員になられない方は、私のブログ(5月5日)から、会員限定部分を類推頂きたい。


記事を出稿するまで 

私は、検察が「うそ情報」や怪しい情報をリークし、メディアがそれを垂れ流している実例を偶然知りえた。
これらの虚報などのため、多くの人が間違った方向に世論誘導されているようだ。身近で大虚報が垂れ流されていることを、多くの国民に知らせることが大切と考え、その媒体を探した。

元朝日新聞記者で、超優秀なSフリージャーナリストに尋ねた。
彼は、「ブログの紹介をツイッターでつぶやくのも一つの方法。大手のメディアはダメだが、マイニュースジャパンは取り上げてくれるかも」とアドバイスしてくれた。

ツイッターは数日前に開始していた。
ルールがよくわからないまま、拙いつぶやきを繰り返した。すると、同じ思いの方が反応してくれだした。思わぬ激励やアドバイスも頂けた。有難いコミュニケーションツールだ。
ちなみに、私のツイッターIDは4219take。(4219の読みが悪いのに気づいたが後の祭り)

マイニュースジャパンには、ブログの紹介と拡散したいことをメールする。
「ニュース価値が高い」とのコメントと、「インターネット上で記者登録をして、出稿してほしい」と返事が来た。
「ニュース価値が高い」の言葉に気をよくし、記者気取りで慣れぬ記事作成に取りかかった。
編集者と数度のメールのやりとりをし、インパクトのある記事に仕上がった。


記事がインターネット上にアップされた

5月18日記事がアップされた。自分が書いたものが活字になるのは気恥ずかしく、うれしい。
新聞社には甚だ失礼ながら、タイトル「嘘は大きく、訂正は小さく」は的を射た表現だ。今年の流行語大賞にノミネートしたいものだ。
このサイトは、個別記事に対して、アクセス数と購読者の評価が掲載される。
上々の評価を頂けていることにまずは一安心。 「大手の日経と読売がまさか」いうことなのだろう。


 「日経・読売の検察リーク虚報」にみる大問題

記事に、そして5月5日のブログにも書いたが、「日経・読売の検察リーク虚報事件」の問題点をもう一度整理しておこう。

(1) 記事は検察リークによってつくられた
郷原信郎氏によると、本件の情報は、共同通信から読売・ 日経その他多くのメディアに配信されたようだ。日経は手帳メモの内容の詳細を掲載している。これを知りうるのは手帳を押収した検察だけで、検察関係者のリークであることは明らかだ。

(2)検察は「うそ情報」を流し、即座に取り消した。
翌日の毎日新聞記事(1月26日朝刊)によると、「検察は04年分の手帳は見つけていない」と報道している。検察が、05年4月の欄に書いてあった手帳メモを、04年4月15日という特定の月日の手帳メモと言い出すこと自体、突飛で考えられない。

「日付の誤り」を指摘できるのも、検察だけ。検察は「うそ情報」が記事にされた後、「虚報だった」と伝えたに違いない。検察は「うそ情報」をばら撒き、それを取り消すという、自作自演の一人芝居を演じて、石川議員を犯罪者に仕立てしまったのだから、恐ろしい組織だ。

(3)検察をかばう読売、無防備な日経 
朝日、東京、毎日などの大手は、小沢氏を悪者にする格好な情報にもかかわらず記事にしなかった。極めつけの「怪しい情報」なので、掲載を止めたに違いない。読売は取材源をぼかして記事にし、「石川議員関係者からの取材に基づく」と検察をかばう「うそのコメント」を付け加えた。日経は無防備にも、検察から伝えられるままに「手帳メモ」の詳細まで掲載してしまい、取材源さえごまかせなくなってしまった。

(4)訂正記事でなく記事を取り消せ
日付の誤りを正して記事にすると、「石川議員の手帳の05年4月のどこかの欄に、全日空とのメモがあった」という何の変哲もない記事になる。この内容では、石川議員の「現金授受」を裏付ける証拠にはならない。これは、「記事を訂正する」ではなく、「記事を取り消す」とすべきである。

(5)石川議員、小沢幹事長、民主党関係者、購読者に謝罪すべき
この記事により、多くの国民に「石川議員が5,000万円の裏金を受け取った」と思わせてしまった。石川議員、小沢幹事長、民主党関係者に、回復しがたい多大な損害を与えている。検察審査会の議決などにも影響を与えた。罪深いことである。紙面上にて、同じ大きさの扱いで、全読者に伝わるような形で謝罪すべきだ。

2010年5月25日|BLOG