2015年12月のブログ記事

講演「法治国家の土台を揺るがす最高裁スキャンダル」(「最高裁をただす市民の会」主催)をYouTubeにアップ

 12月9日「最高裁をただす市民の会」が、フリージャーナリストで元朝日新聞記者の吉竹幸則氏を招いて学習会を開いた。
 
 第1部
  長良川河口堰の公共事業と言論弾圧            講師:吉竹幸則
 第2部
  法治国家の土台を揺るがす最高裁スキャンダル      講師:志岐武彦

 講演「長良川河口堰の公共事業と言論弾圧」については12月22日MEDHIAKOKUSHOにその動画 が紹介されましたので、それを観てください。
ジャーナリスト・吉竹幸則氏が講演、長良川河口堰の公共事業と言論弾圧裁判
http://www.kokusyo.jp/yoshitake/9369/

 講演「法治国家の土台を揺るがす最高裁スキャンダル」についても、You Tube にアップされましたのでここに紹介します。
 法治国家の土台を揺るがす最高裁スキャンダル 
 
 
 講演で使ったパネルのPDFを以下に掲載しますので、PDFを観ながら講演を聞いていただければ幸いです。
 講演で使用したパネル


 小沢検審起訴議決が国家(最高裁事務総局)の大謀略(架空議決)だったことは「7つの根拠」からも明らかです。最高裁事務総局自らが不正(犯罪)を率先して行い、総理大臣候補であった小沢一郎議員を抹殺し、日本の政治を捻じ曲げてしまったのです。
拙著『一市民が斬る!!最高裁の黒い闇』でその詳細を知ることができます。

2015年12月22日|個別ブログ記事