7月14日 「菅政権に日本の将来を託すことはできない! 菅政権は退陣すべき!」 第2弾


参院選は民主党の惨敗に終わった。
54議席確保という低い目標を立てたが、なんと44議席という体たらく。

菅総理は「消費税増税10%」とその後のぶれ発言で自爆した。

6月23日当ブログで 「菅政権に日本の将来を託すことはできない!反菅運動を!」と訴えた。戦後最悪の宰相と酷評させて頂いた。

選挙の結果がそれを証明した。


菅総理誕生に至る経緯

国民は、昨年民主党が政権交代を果し、官僚主導から政治主導に、そして国民主権の政治を期待した。
来るべき参院選で、民主党が勝利しこの流れを定着させると信じていた。

信じられないことが起こった。
メディア・官僚・財界・自民党連合軍が、これまでの利権を失うまいと必死に小沢つぶしを始めた。

検察とメディアが「政治とカネ」物語を見事に演出した。
検察は西松事件をでっち上げ、ダメだとわかるや陸山会事件をでっち上げ。
多くのメディアが、秘書が逮捕されたことや、小沢氏の事情聴取などをでかでかと報道した。肝心の違法の事実ははっきりしないのに、小沢=悪者のイメージを作るための怪しい情報を夥しく流した。
下記の虚報を流したことも、これまで報告した通りだ。

7月4日『「ウソは大きく、訂正は小さく」の読売・日経にレッドカードを!』       
http://civilopinions.main.jp/2010/07/74.html

かくして「小沢氏=悪者」の作られたイメージが完全に定着した。
選挙が迫り、鳩山首相と小沢幹事長がダブル辞任をし、改革は菅氏に託された。

ところが、菅氏は期待と全く逆の方向に走り始めた。財務省に騙され、長期政権という欲にとりつかれたのだろう。


菅政権の支持率はジェットコースターの如く上がったり下がったり

代表選前「小沢さん、しばらくはお静かに......」発言。
小沢批判でマスコミの人気を得た、前原、枝野、仙石らとがっちり手を組んだ。そして彼らを要職につけ、親小沢議員をことごとく排除した。
ど素人・口先執行部の誕生だ。

支持率は18%から60%とⅤ字回復。


「消費税10%、自民党の数字を参考にさせてもらいました」発言。
大きな公約違反だが、支持率は大きく下がらなかった。
その理由は、エレクトロニック・ジャーナル7月9日に書かれているので、以下に引用。
http://electronic-journal.seesaa.net/article/155835963.html

「......  財務省は恐るべき役所なのです。財務省では課長や主計官クラスから審議官、局長までが担当を決めて、テレビの解説委員や新聞の論説委員、各社の経済部長などと会談を行い、消費税引き上げの必要性を説いて回るローラー作戦を展開中なのです。
 そのさいには財務官僚機密費で記者に飲み食いさせたり、財務省が望む都合の良い記事を書かせることなど朝飯前なのです。
 菅政権が参院選に勝利すれば、増税は確実視されるので、選挙の争点にしないよう新聞で世論誘導報道をさせているのです。
 実は財務省内には「増税司令部」ができているといわれます。
彼らは綿密なスケジュールに沿って計画を立てて動いており、菅首相の「消費税10%発言」もその計画に沿ったものです。政府側の担当者は、玄葉政調会長兼特命相なのです。玄葉特命相は入閣前には衆議院財務金融委員長であり、財務省と税制改正について入念なスケジュールを組んでいるのです。
 そして、菅首相が「消費税10%発言」を表明するや、玄葉氏は「最速で2012年秋」と述べています。ここで間違ってはならないことは、2年間かけてじっくり議論するという意味ではないことです。」


選挙が近づき党内不満が大きくなり、菅氏のぶれ発言再開。
「消費税は所得の低い方には還元する。」(こんなこと出来るわけがない)
「衆院選挙までは消費税アップしない」(早ければ2年後にアップと言っていたが)
「(みんなの党にむかって)連携しませんか」(選挙で負けることを想定して)


菅氏の保身のあわれな姿が見て取れるようになった。
国民は菅氏のいい加減さに気づいた。
そして、この人に国は任せられないと。

かくして民主党は大敗北。

菅政権の支持率は1ヶ月で25%も下がってしまった。
なんと、これは戦後のワースト新記録だそうだ。

死に体の自民党までが息を吹き返してきた。


枝野幹事長はずるすぎる

この方、幹事長就任し一番に経団連に挨拶に行った。

小沢氏や原口氏等が「消費税アップは唐突過ぎる。公約違反だ」と言い出すと、枝野幹事長は「小沢さんの発言は大衆迎合だ」と非難した。
民主党を信じてきた人たちは、小沢氏らの言葉にすがる思いで、民主党に投票した。小沢発言がなかったら、民主党はもっと酷い結果になっていたのではないか。
小沢発言は国民に気に入られようとしてではない。国民が願っている当たり前発言だ。枝野氏の見方はひねくれている。

7月12日枝野幹事長は「消費税を含む税制抜本改革案の年内提案はしない」と声明をだした。(年が開けたら提案すると言っているようなもの。ごまかされてはいけない。)

言葉を弄ぶ信念のない政治家だ。
無駄削減も、パフォーマンスだけで殆んど実績を上げていないではないか。
この方も早く退陣してもらわないと日本は立ち直れなくなる。


菅氏と現執行部は一刻も早く退陣すべきだ

菅氏を戦後最悪の宰相と称した理由は
・国民と約束した民主党の改革路線を逆行させ、官僚主導に戻し始めたこと。
・「国民生活第一」であるはずの市民運動家が、変節して対極に位置する官僚・財界・メディアに擦り寄ってしまったこと。

メディアは「首相がころころ変わると外国から信用されない」と菅氏を庇った。
(腐ったリンゴは早く捨てないといけません)

さらには、選挙の敗北までも、小沢氏のせいにする報道を流しだした。
小沢氏が再登場されると都合が悪いと考えているのだろう。
この国のメディアは、自分達の利益を守るためならなんでもありだ。

民主党議員の皆様に言いたい。

しばらく選挙がないので、マスコミが誘導する支持率など気にする必要はない。
菅と菅執行部を引き摺り下ろし、国民生活第一の政治を実現する体制に戻してほしい。

私は本ブログ掲載がきっかけで、元運輸大臣二見伸明氏と電話やメールで色々ご指導頂けるようになった。すばらしい見識をお持ちで、大変尊敬している。

その二見さんが選挙直前に、THE JOURNALへ寄稿文を寄せた。
http://www.the-journal.jp/contents/futami/2010/07/post_23.html

その最後の一小節を以下に記す。
「......われわれ一市民の応援にもかかわらず民主党が負けた場合には、菅内閣は直ちに総辞職し、枝野幹事長は頭を丸めて、閉門、蟄居すべきだ。」

2010年7月14日