7月24日 司法崩壊を食い止めるため最高裁と闘う仲間達

 一市民Tの最高裁追及は2年以上になる。
 国会議員や大メディアは全く頼りにならない。
 一緒に追及している仲間達を紹介する。
 普通の市民ばかりだ。
 心底日本を良くしたいと思っている方々だから、何でも言い合える。


 <神戸の岡村昭さん>

 以前拙ブログで『菅派の会長だった土肥隆一議員は、検審議決発表前に「小沢は刑事犯として消えて行く」と語っていた!』と紹介した。その情報提供者が岡村昭氏だ。
 http://civilopinions.main.jp/2013/02/28_1.html

 「最高裁の罠」を読んで頂いたのが縁で交流が始まった。
 岡村氏が仕事で上京する際には何度も会っている。
 いつも貴重なアドバイスを頂く。
 岡村昭氏から薦められた本を紹介する。
 マーティン・ファクラー著 『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』 双葉社
 帯
『嘘を繰り返しつく新聞はもはや「オオカミ少年」だ!
日本取材歴12年の米国人ジャーナリストが明かす「3・11と新聞の敗北」の裏側』

 日本の大メディアの実態が分かるのでぜひ読んでほしい。

 当初、私は岡村氏のことをO氏と紹介したが、「日本の未来のため、名前出して一緒に闘いたい」と言っていただいた。
 先日、手紙を頂いたのでここに掲載する。
 岡村氏からの手紙.pdf


 <茨城の石川克子さん>

 石川克子氏については、このブログや「最高裁の罠」等で何回か紹介させて頂いている。
 「市民オンブズマンいばらぎ」の事務局長をされていた。
 県の不正を追及されていたので、情報公開の仕方についていろいろ教わった。攻め方も理詰めだ。
 凄いのはどんな状況になっても諦めないことだ。
 何度も検察審査会、最高裁、検察庁に一市民Tと同行してくれた。
 司法の改革がないと日本はよくならないと考えている。


 <神奈川の桜井満さん>

 小沢デモで知り合った。
 彼は4年前から小沢捜査はおかしいと思い、新聞の切り抜き記事を集めていた。
 誰も気づかない凄い情報を、資料とともに提供してくれる。
 昨年は、「二階俊博議員の西松献金事件の議決は架空議決」と教えてくれた。早速、石川克子氏と「審査員日当旅費請求書」等を調べ、二階事件審査が架空議決だとはっきりした。
 今年になって「鳩山元首相の偽装献金事件も架空議決濃厚」という情報をもらった。
 
 最高裁は、小沢抹殺のため、「審査員のいない検察審査会」を新設し、検審に申し立てられた二階俊博議員、鳩山元首相を不起訴にし、小沢議員を起訴してしまった。権力側に都合の良いように架空議決という手を使ったのだ。
 司法当局はその鳩山元首相に「小沢幹事長はその職を辞して頂きたい」と言わせ、小沢氏を抹殺した。


 <市民が闘うしかない>

 仲間達のお蔭で、小沢抹殺の全貌が掴めた。
 それは最高裁の謀略によるものだった。その手口は見え見えの架空議決だ。
 国会議員は誰ひとりとして本気で追及しない。
 ジャーナリストも口をつぐんだままだ。

 私達市民が、最高裁が日本の政治を壊したことを国民に知らせるしかない。
 
 お読み頂いている方もご協力をお願いしたい。

2013年7月24日