5月8日 『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』を世界に発信!外国特派員協会にリリース!

 最高裁は「小沢検審」で「架空議決」を行った。
 日本の大手メディアはこの「最高裁大スキャンダル」を一切報道しない。
 週刊ポストだけが、「架空議決濃厚」と報道した。

 この状況では、外国メディアに頼るしかない。
 昨日5月7日、下記資料、著作「最高裁の罠」、CDRを80部用意し、外国特派員協会(FCCJ)に届けた。
 FCCJにて、主要な外国特派員に配布してくれることになった。

                    
                      FCCJ 配布資料

① 配布資料一覧(英文).pdf
② ウォルフレン氏の推薦文(英文).pdf
③ 『小沢一郎を刑事被告人にした「検察審査会」(最高裁が直轄)に重大疑惑(志岐武彦記)』((英文).pdf
④ 『小沢一郎を刑事被告人にした「検察審査会」(最高裁が直轄)に重大疑惑(志岐武彦記)』(日本文).pdf
⑤ 週刊ポスト4月5日号『小沢一郎を刑事被告人にした「検察審査会」新たな重大疑惑(志岐武彦記)』pdf
⑥ 週刊ポスト5月17日号 P52-54.pdf
⑦ 著作『最高裁の罠』.pdf 
⑧ 『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』.pdf(PDFファイル54枚、CDRのみ)

CDR
 『配布資料一覧』と『最高裁の罠』を除いた上記資料のPDFファイルを入れた


 皆様も、④及び⑧をぜひ見てほしい。
 ⑧は、④の内容を説明する資料です。
 ④及び⑧を見て頂くと、「架空議決」であることを理解して頂けると思う。

 そして、この2つの資料をインターネット上で広めてほしい。
 
 資料のPDFファイルを入れたCDRを添付したので、この情報が世界中に広まる可能性がある。

 世紀のスキャンダル『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』を世界に発信できたということだ。

 外国人記者が世界に広めてくれることを願う。

 世界が日本の司法を正すようになってほしい。

2013年5月 8日