4月12日 最高裁事務総局よ!イカサマ見え見え!これで小沢有罪判決出したら暴動が起きるぞ!

<最高裁が検察審査会を利用して小沢起訴を計画した!>

10年2月1日、東京地検特捜部吉田副部長が取調べ中に石川議員に語った話「小沢はここで不起訴になっても、検察審査会で裁かれる可能性が高い」を思い起こして欲しい。
吉田副部長は石川議員を脅すため、本当のことを思わず口走ってしまったのだろう。
西松事件捜査の途中で、最高裁事務総局幹部は検察幹部に「小沢氏を徹底捜査して欲しい。起訴できなくても、検察審査会を使って起訴する。そして裁判で有罪にする。」と打ち合わせをしていたのだろう。
起訴してしまえば最高裁は確実に有罪に出来る。裁判での有罪率は99.98%だから。
悪賢いヤツはとんでもない手を思いつくものだ。

麻生政権そして菅・野田政権幹部もこのことを承知で、しきりに最高裁を後押ししてきた。彼らにとって、小沢氏を総理大臣にさせたくないからだ。
大メディアも、政権や司法当局の片棒担ぎをした。国民を洗脳し、小沢氏がカネに汚い政治家であるとのイメージを植え付けた。「小沢の政治とカネ」というフレーズが乱舞した。検察審査会議決が当然の結果だと思わせた。


<最高裁は計画通りに検察審査会を使って小沢起訴をした!>

検察審査会事務局は最高裁事務総局の実働部隊だ。
最高裁事務総局が計画し、最高裁事務総局と検察審査会事務局幹部職員とが共謀し、小沢起訴議決を導いた。

最高裁が実施したことを簡単に示すと、

①法務官僚と調整して、検察審査会での2度の起訴議決で強制起訴ができるよう法改正させ、急ぎ施行させた。
②東京の検察審査会に小沢起訴用の東京第五検察審査会(職員2人)を新設。
人事も小沢起訴用に準備
拙ブログ参照:http://civilopinions.main.jp/2012/04/410.html
③検察審査員選定クジ引きソフトを作成
「審査員にしたい人」を審査員候補者と入れ替えができ、自在に候補者を消除できる機能を持たせた。
④最高裁事務総局と東京第一検審手嶋課長らで「小沢嫌いの人」を審査員に仕立て上げた。


<最高裁2つの失策で、イカサマ発覚>

①仙石元官房長官などの民主党幹部の要請に応じて、二回目議決を10月末から9月14日代表選挙日に早めた(予定通り10月末に発表すれば疑われなかった)
②一回目34.27歳、二回目30.9歳と若すぎる検察審査員平均年齢を発表してしまった(嘘でも、50歳近くの平均年齢にしておけば疑われなかった)


<もうばれてしまった!小沢有罪判決などを出したら暴動が起こる!>

イカサマやっての検審起訴だから、起訴はもちろん無効だ。
裁判はやめるべきだ。
有罪判決などとんでもない。
有罪判決など出したら、暴動が起こる。
最高裁よ!国民を甘く見るな!

2012年4月12日