3月9日 最高裁事務総局秘書課から電話「(9つの質問の回答)経理局と刑事局で検討しているので待って欲しい」

3月5日最高裁事務総局に行き、イカサマソフトについて9つの質問をぶつけた。
『3月7日 魔窟・最高裁事務総局再突撃!"イカサマ審査員選定ソフト"について9つの質問をぶつけた!』
http://civilopinions.main.jp/2012/03/379.html
3月9日、秘書課秋本氏から、電話でこの件の進捗状況の報告があった。


以下秋本氏との電話のやりとり

<「書面に基づき検討中なので、もう少し時間を頂きたい」>

秋本氏「昨日朝、(一市民Tからの)書面を頂いた。この書面を元に検討しています。進捗状況をということで電話しました」
(書面:回答を約束した質問事項.pdf
一市民T「(約束したことは)書面の通りですよね」
秋本氏「大体そうです。この書面に従って検討しています。大変申し訳ないのですが、文書を持っている部署で検討中ですので、何時になるか分かりません。回答内容がまとまり次第また連絡します。一市民Tさんが仰っていたように1ヶ月もかけることはありません。3月末を超えることはありませんので」
一市民T「実際にやったことについて聞いているのだから、一週間から10日ぐらいで返事してほしいですよね」
秋本氏「申し訳ない。各部署で検討しているので」


<「19日には書面取りに行きたいが。16日には途中経過を入れてください」>

一市民T「19日までには書面を準備して欲しい。19日そちらに書面取りに行きたい」
秋本氏「こちらにいらっしゃるのですか」
一市民T「そうです。19日書面取りに行きたいのでそれまでに準備して頂きたい」
秋本氏「期限は約束できない。担当部署には伝えておきます」
一市民T「来週16日、進捗状況を電話で知らせて欲しい」
秋本氏「電話しません。最終回答が出来た時点で電話します」
一市民T「そう時間がかかる内容ではないはず。答えを準備するだけでしょ。途中経過連絡してくださいよ」
秋本氏「私もそう思いますが。途中連絡は勘弁下さい。出来るだけ急いでやります」
一市民T「検討部署とは経理局と刑事局の二つですね?」
秋本氏「そうです」
一市民T「担当の部署の局長さんに、"19日には書面がほしい。16日途中経過がほしい"と一市民Tが要求していることをお伝えいただきたい」
秋本氏「担当部署に必ず伝えます。(内容について)約束できません」
一市民T「よろしくお願いします」


<いよいよ、事務総局は回答せざるを得なくなった>

公開質問状のような形になった。
最高裁事務総局は国民の前で事実を明らかにすべきだ。
不正がなければ、堂々と身の潔白を証明すべきだ。
回答が待ち遠しい。

先ほど小沢裁判の論告求刑があり、「小沢氏3年の禁錮刑求刑」とあった。
禁錮刑を受けるべきは、最高裁事務総局の刑事局長と経理局長だ。
なんと酷い国になったもんだ。

2012年3月 9日