7月13日  西岡参院議長の「"菅降ろし"は民主の役目、不信任と問責の同時提出を!」に大拍手!民主党議員の皆様行動を起こしてください!

<西岡参院議長「"菅降ろし"は民主の役目、不信任と問責の同時提出を!」と提案>

以下の記事がネット掲載された。

"菅降ろし"は民主の役目 西岡参院議長、不信任と問責の同時提出を提案
(産経新聞 7月13日(水)7時55分配信)

記事全文掲載
『 西岡武夫参院議長は12日までに、「国難にあたって延命に汲々(きゅうきゅう)とする菅直人首相を辞任させることこそ民主党議員の責任」と訴える論文を発表した。

 具体的な提案として、衆院で内閣不信任決議、参院で首相問責決議の両案を同時に提出し、即時退陣を実現すべきだと主張している。

 論文の表題は「国難に直面して、いま、民主党議員は何をなすべきか」。首相が打ち出した「脱原発」のスローガンは、福島第1原発事故対応の失敗をごまかすためで、国政選挙の争点にはなりえないとの認識を示し、「首相がいま総選挙を述べること自体、噴飯ものだ」と切り捨てた。同時に、原発周辺への避難指示が遅れたことで、避けることのできたはずの放射線に住民をさらしたとして、「鬼の政治」と非難した。

 さらに、8月末の通常国会会期末を迎えても首相が辞職することはないとの見通しを示し、民主党は両院議員総会を開催し、党代表を解任する段取りを進めるべきだと提起。それでも首相が居座るなら、内閣不信任決議案と首相問責決議案を同日に提出すべきだと強調している。

 内閣不信任決議案については6月2日の衆院本会議で否決されているが、「(同一の国会中)一度しか提出できないというのは俗論」と強調。「首相交代に必要な時間は首相が居座ることによる壮大な時間の浪費に比べれば微々たるものだ」と結んでいる。』


<西岡参院議長の発言は正鵠! 民主党議員の皆様即行動を!>

西岡参院議長の勇気ある発言に拍手を送りたい。
国民も、「菅首相よ!もういい加減にしてほしい」と思っている。
国民は菅首相を降ろせないが、民主党議員なら菅首相を降ろせるのだ。
民主党議員の皆様!
脇であれこれ言っていないで、即行動を起こしてほしい。

2011年7月13日