6月14日 「東京第五検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願」が、21名もの参議院議員により参議院議長に提出された


「小沢一郎議員強制起訴議決」を行った東京第五検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願7023筆を多くの皆様からご提出頂き有難うございました。
提出頂いた請願の一部を、以下のように参議院議長に提出しましたのでご報告いたします。


<21名もの民主党議員が、紹介議員になって、2577筆の請願署名を21件別々に参議院議長に提出>

21名もの民主党参議院議員が紹介議員となって、7023筆のうち2577筆を、21件の請願として西岡武夫参議院議長に提出した
請願提出の表紙、請願署名簿の一例は以下の通り
請願署名提出の表紙.pdf
請願署名簿の一部.pdf


<紹介議員については、参議院ホームページでも確認できます>

錚々たる与党民主党議員が紹介議員になって頂きました。
以下の手順でも紹介議員のお名前をご確認できます
① 参議院で検索し、「参議院」を開く
② 参議院(http://www.sangiin.go.jp/)の『議会情報の「請願」』をクリック
③ 「付託される予定の請願」をクリック
④ 『1069 「小沢一郎議員強制起訴議決」を行った東京第五検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願 一覧』の「一覧」をクリック

『第177回国会 「これから付託される予定の請願」』

紹介議員一覧(6月15日現在).pdf

注:紹介議員は、13日までの16人に、14日4人、15日1人が加わり、15日現在21人です。
最新情報は、参議院ホームページで見ることができますのでご確認下さい。


<請願はささやかな要求なので、検察審査会事務局は要求に簡単に答えられるはず>

多くのそうそうたる国会議員が、請願署名を個別に提出して頂き感謝だ。
しかも、見識の高い西岡武夫参議院議長宛だ。
法務委員会、検察審査会事務局、最高裁も無視できないはずだ。
今回の検察審査会での議決プロセスはあまりに不可解な点が多い。本当に審査員が存在したのか、審査会が開催されたのか疑いが強い。検察審査会事務局は、この疑惑を晴らすため、開示可能な情報は全て開示すべきだ。
検察審査会事務局は、自らが行ってきたプロセスを開示すればよいことで、なんら難しいことではない。やっと闇の部分が明らかになるか。

2011年6月14日