6月8日  森ゆうこ議員が、週刊文春の記事に反論のコメントを発表!

<森ゆうこ議員が、週刊文春の記事に反論のコメントをTheJournalに発表>

TheJournalの記事を参照下さい。
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/06/post_771.html

以下に記事全文を載せる

『       森ゆうこ氏が週刊文春の記事に反論!

 『週刊文春』6月2日号に掲載されたノンフィクションライターの森功氏による記事「"小沢有罪"の3点セットが揃った!」のなかで、民主党の森ゆうこ参院議員に関する記述が事実と異なるとして問題となっている。記事中には森ゆうこ氏の写真とともに「裁判長に注意された森ゆうこ議員」というキャプションがつけられていて、御一行を引き連れて裁判を傍聴していたかのような記述もあるが、森ゆうこ氏によると「そういった事実はまったくない」として週刊文春に強く抗議したという。この件について森ゆうこ氏からコメントが届いたので、以下に掲載する。
──────────────────────────────
森ゆうこ氏(民主党参院議員)
 週刊文春6月2日号に森功氏が執筆した「"小沢有罪"の3点セットが揃った!」で私に関して下記のとおりの記述がありますが、事実とは異なるため、週刊文春に抗議しました。
 4月27日の第10回公判。水谷建設元社長の川村の証人出廷だ。裏金を渡した張本人だけあって、小沢陣営も気が気でなかったに違いない。この日は永田町の小沢ガールズまで法廷に駆けつけていた。
 アハハ・・・・・・。ふだんは静かな法定内に、下品な笑い声が響く。誰かと思えば、森ゆうこ参議院議員とその御一行だ。川村の証言を揶揄するかのような態度に、裁判長から、「静かにして」と、たしなめられる一幕まであった。ただし、公判は順調に進んだ。

 ここに書かれている内容のすべては捏造であり、事実ではありません。
 第一に、私が4月27日の第10回公判で行われた川村氏の証言を傍聴したという事実はありません。傍聴したのは石川知裕議員の女性秘書が証言を行った第9回公判で、それは4月22日の午後に行われたものです。
 第9回公判を傍聴したのは、私自身が検察官適格審査会の委員であり、昨今問題となっている検察の取り調べの実態について、女性秘書の証言を聞きにいくためでした。ましてや「御一行」を引き連れて行ったという事実もありません。そのほか、この記事では私の写真に「裁判長に注意された森ゆうこ議員」というキャプションまでつけて掲載していますが、第10回はもちろんのこと、第9回公判でも裁判長が「静かにして」と私に注意したという事実もありません。
 政治家という公的な仕事に関わる者として、政治活動がメディアから批判されることは覚悟しています。しかし、この記事に掲載されている内容はまったくの捏造であり、絶対に看過できないため週刊文春に強く抗議しました。
 ところが、週刊文春は第10回公判に私が傍聴していないことは認めたものの、第9回公判で裁判長から注意されたことや「御一行」という記述については訂正していません。
 「御一行」という表現は、おそらく、公判の空き時間に傍聴者の方々が私に話しかけてきたものを、森功氏が勝手に勘違いして記事にしたものと思われます。事実は、私自身はその方々とお会いするのは初めてで、陸山会事件における検察の捜査に疑問を持っていたために、私に話しかけてきたのです。そういう一般市民の方を、あたかも国会議員の指示によって傍聴していたかのように連想させる「御一行」という記述は、とうてい許せるものではありません。
 また、「御一行」の事実は私が否定していて、傍聴者にも事実関係を確認すればすぐに間違いであるとわかることです。しかし、それすらしていないということは、週刊文春は記事を掲載するにあたって事実関係を重視せず、仮に間違えても再確認しないことの証左です。このようなスタンスで記事を掲載している以上、この記事全体に信憑性があるはずもありません。
 そもそも、石川知裕議員をはじめ小沢一郎議員の元秘書が3人も逮捕された陸山会事件は、いったい何の事件だったのでしょうか。そこがあいまいなまま、「小沢一郎は金に汚い」というイメージだけで捜査が行われ、しかも報道機関がそれに追随し、今回のような記事が氾濫しています。国民はこの事件について間違ったイメージをすり込まれていて、その結果、検察審査会の議決にも影響を与え、小沢一郎議員が強制起訴されるという恐ろしいことになっています。
 こういう記事が出ることは、政治家の自由な活動を不当な悪意で抹殺することで、日本の民主主義にとって重大な危機です。
 一方、悪意ある記事を流すメディアがあるなかで、検察問題や原子力事故の問題では、当局が隠そうとしていても、市井の人々や研究者などが独自に調査をし、その結果をインターネットで発信していることが支持を受けています。これらの動きは大きな希望だと思いますので、私は、こういった方たちとともに行動していきたいと考えています。
 私は、今回の悪意ある記事に影響されることなく、今後も検察の取り調べの正当性や検察審査会の問題について、徹底追及していくつもりです。


<国民は、官僚・検察・メディアの汚い小沢叩きに気づかない>

官僚・検察・メディアは、小沢政権になると既得権益や利権が大きく失われると考えているのだろう。
彼らは、汚い手段で、小沢叩きを続け、無実の小沢氏と3人の元秘書を被告人に仕立て上げてしまった。
そして、メディアは、足並みを揃えて嘘・偏向報道を繰り返し、小沢=悪人のレッテルを貼ってしまった。
国民は、メディアが一致団結して小沢=悪人報道を続けているので、彼らの裏に潜む意図に気づかない。


<また、メディアの元締め共同通信社のお決まりの世論調査が発表された>

6月2日の不信任案採決の翌々日に、共同通信社が実施した世論調査が各紙に掲載されたので、以下に紹介する。
6月4日付東京新聞「小沢支持派評価せず89%」.pdf
6月4日付東京新聞「世論調査の詳報」.pdf

これも明らかに小沢氏を攻撃する世論調査だ。

わざわざ、以下の設問を設け、世論を誘導している。
『問2 民主党内で小沢一郎元代表を支持するグループは、菅首相ら執行部と対立し、内閣不信決議に賛成したり、採決を欠席したりしました。貴方は小沢氏を支持グループの行動について評価しますか、それとも評価しませんか。』

冷静に考えると、欠席しようが、不信任に賛成しようが、議員個人が判断する内容だから、どちらでもよいことだ。これを小沢支持派の評価と結びつけるのはおかしい話だ。

ところが、国民は、大手新聞の見出し「小沢支持派評価せず89%」を見せられると、小沢氏はけしからん人物という認識になってしまう。


<捏造・偏向報道をするメディアを、実例・実名を挙げて公表していこう>

世論はメディアによって作られてしまう。そしてその世論が政治に大きな影響を与えてしまう。

裏を返せば、メディアが事実に基づいた中正・公平な報道をしない限り、まともな世論は形成されないし、まともな政治もなされない。

国民は自衛策を講じなければならない。

その一つの手は、嘘報道や著しい偏向報道の実例を挙げ、作者やメディアを公表していくことだ。

森功氏がこのような嘘記事を書くことが分かれば、国民は森氏の著作を読まなくなるだろう。
週刊文春がこのような嘘記事を載せ、反省のない態度を示しているのに気づけば、週刊文春を買わなくなるだろう。

共同通信社がこのように悪意のある意図的なアンケートを掲載していることが分かれば、共同通信社の記事を信用しなくなってしまうだろう。

これまで、政府と東電は、原発事故でうその情報ばかりを公表してきた。国民はそのことに気づいた。今では、嘘つき政府と嘘つき東電の発表を信じなくなってきた。

国民が嘘つきメディアの小沢報道を信じなくなるよう、メディアの嘘を一つ一つ暴いていこう。

2011年6月 8日