12月10日  国会議員140人に「検審の情報公開を求める請願署名活動」の拡散をお願いする手紙郵送!


ブログの書き出しは、しばらくはこれに決めています

<民主主義国家存立のため『「検審の情報公開を求める請願署名」を集めよう!>

『"小沢一郎議員強制起訴議決"を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願』の署名を集めています。

このままでは民主主義国家の存立が危ぶまれます。
多くの署名を集め国会に猛烈抗議をしましょう。

署名集めのための資料は以下の通り

請願署名のお願い3.pdf

請願書(署名用紙).pdf

東京新聞(こちら特報部).pdf   「年令クルクル検察審査怪」
"揺らぐ信頼・架空説まで「情報の公開を」"

日刊ゲンダイ記事.pdf 「仰天!小沢検察審:情報公開請求の回答は全て黒塗りだった」
"2回目は記録さえなし"

2011年1月15日までにはご提出お願いします。
(年明け通常国会のはじめに一回目の請願署名提出をします)

署名出来る方の年令は問われません

送られた署名原本は、衆参議院事務局に直接届けますので、他の人の目に触れることはありません。安心してご提出下さい。

署名を集めるプロセスで、メディアが報道しない「検審幽霊疑惑」を国民に知らせましょう。

国会が無視できなくなるほど多くの署名を提出しましょう。


<国会議員140人に、「請願署名活動」の拡散をお願いする手紙を郵送!>

「請願署名活動」の拡散に動いて頂けそうな国会議員140人に、以下の手紙と請願署名関係資料を郵送させて頂いた。

送付資料

議員宛手紙(以下に添付)

請願署名のお願い2.pdf

請願書(署名用紙).pdf

東京新聞(こちら特報部).pdf

日刊ゲンダイ記事.pdf


議員宛手紙

『  ○○ ○○ 先生

前略、突然の手紙で失礼致します。

私は、今回の、審査員や審査会議の存在が見えない、不透明な東京第五検察審査会の議決に憤り、請願署名活動を始めました。

『「小沢一郎議員強制起訴議決」を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願』です。

このままでは、誰でもが、検察審査会に訴えられ、裁判に引きずり出される可能性があります。
これは民主主義国家の存立をも破壊しかねない事件です。

請願に関する資料、「請願署名のお願い」及び「請願書(署名用紙)」を添付します。

検審情報として、「日刊ゲンダイ記事」及び「東京新聞記事」を添付します。(検審の実態です)

拙ブログ「一市民が斬る!」にも詳細を記載しておりますので、ご覧頂ければ幸いです。
URL: http://civilopinions.main.jp/

100万請願署名と銘打って沢山集めたいと考えています。
・署名集めのプロセスで、メディアが報道しない「検審の問題」を多くの国民に知らせることが出来ます。
・多くの署名を提出すれば、国会でも無視しにくくなります。

検審問題では、国会で、川内博史、辻恵、階猛、森ゆう子、有田芳生議員などが、情報公開を求めていらっしゃいますが、法務大臣および法務省はその申し出を拒否しております。

他の議員の皆様も、国会その他で抗議して頂きたいと思います

今回の請願は、国民としての最小限の要求です。
本来、情報公開などなされて当然のものです。
請願などなくても、国会議員が求めれば公開されるべきものだと思います。

署名活動が行われていることを、多くの方に知らせて頂けないでしょうか

本件を支持頂けそうな方をご紹介して頂ければ幸いです。
よろしくご支援お願いします。
                           草々
 2010年12月
             差出人   ○○ ○○
             住所   
             電話    ○○ ○○○ ○○○○
                                    』


<国会議員に浸透! 某国会議員から直接お電話を頂く>

手紙を受け取った某議員から、直接電話(留守電)を頂いた。
「先日はお手紙頂き有難うございます。頂いたお手紙をコピーし、順次、先生方にお配りします。色々お世話になり有難うございます。今後ともよろしくお願いします。」

その他、何人かの議員や秘書から、「期待に応えられるよう努力する」「連絡ありがとうございます。これは酷い。」などのコメントつきのメールや電話を頂いた。

先日、手紙を送っていない議員に請願署名の話をしたところ、「署名活動が行われていることは知っている。私は微妙な立場にあるのでコメントできないが。」
署名活動が国会議員の間でも知られてきた。 


<皆様も、地元の国会議員に署名活動の拡散のお願いをしましょう!>

検審問題は、国の一大事です。

国会議員の皆様も、地元の方から要請があればきっと動いてくれます

2010年12月10日