日本国民は犯罪的国家機関・最高裁に裁かれている(シンポジウム「裁判所は本当に駆け込み寺か?」の動画公開)

 2月28日、『最高裁をただす市民の会』主催にて、『裁判所は本当に駆け込み寺か?(裁判をやらず国政を推進する最高裁)』と題した講演会・シンポジウムを開催した(講演案内)。後記の4人が講演の後、参加者を交えた活発な議論が展開された。なお、『日本司法の逆説(最高裁事務総局の「裁判しない裁判官」たち)』(五月書房)を著わした西川伸一明治大学教授も参加され、貴重なご意見を述べられた。

 以下の講演動画を見て頂きたい。
  動画その1
   生田暉雄講演:     2分50秒~
   志岐武彦   :    59分50秒~
   吉竹幸則   :1時間23分40秒~
   黒藪哲哉   :1時間47分50秒~
  動画その2

講演者(パネラー)の紹介

生田暉雄:元大阪高裁判事。弁護士。最高裁事務総局の裏金疑惑を追及。東京地裁に提訴。著書『裁判が日本を変える』(日本評論社出版)等。
志岐武彦:「最高裁をただす市民の会」代表。小沢一郎検察審査会架空議決疑惑で最高裁を追及。著書『最高裁の罠』(k&k)、『一市民が斬る!!最高裁の黒い闇』(鹿砦社)。
吉竹幸則:元朝日新聞記者。フリージャーナリスト。朝日新聞時代に無駄な公共事業・長良川河口堰のウソを暴く。退職後、記事掲載などをめぐり朝日新聞社を提訴したが、最高裁のデッチ上げ判決で敗訴。著書『報道弾圧』(東京図書出版)等
黒藪哲哉:フリージャーナリスト。新聞社の「押し紙」追及の第一人者。読売新聞と4件の裁判を争う。著書『「押し紙」という新聞のタブー』(宝島新書)、『電磁波に苦しむ人々』(花伝社)等多数。

講演の要旨

生田暉雄氏の講演要旨生田暉雄講演レジメ
①第2代最高裁長官・田中耕太郎が、砂川事件の最高裁判決において、アメリカとの密約に従い、一審判決をひっくり返した有罪判決を下したことが、最高裁が国政を推進する裁判を行うようになった始まりである。 その後、日本は対米従属が酷くなるばかりである。この田中耕太郎の行為は、国家公務員法違反、背任罪等の犯罪である。
②その後、最高裁事務総局は、国政を推進するために必要な「裁判官のヒラメ化」を推進してきた。
その手段とはいかなるものか
・青年法律家協会〈若い法曹による研究団体〉を圧迫し、潰した(ブルーパージと呼ばれる)。
・転勤による圧迫(地方を転々と回される)。
・昇給・昇進を遅らせることでの圧迫(任官21年目から昇進・昇給に大きな差をつける)。
③最高裁のウラ金疑惑について
任官21年目の裁判官が全員昇給する予算を組み、実際は3割程度しか昇進・昇給させず、余ったお金をウラ金にしている疑惑
④裁判官を増やさず、処理件数を競わせる(忙し過ぎてまともな裁判ができない。和解を奨励)。

志岐武彦の講演要旨志岐武彦講演レジメ
①最高裁が検察審査会のすべてを管理している。
②小沢一郎検察審査会で矛盾だらけで、不可解な起訴議決発表を行い、検審架空議決疑惑が浮上した。
③市民が膨大な調査を行った結果、架空議決である根拠を明らかにした。
④この架空議決は、最高裁の謀略によるもので、最高裁事務総局、検察審査会事務局、東京地裁の犯罪(背任罪、詐欺罪、虚偽公文書作成、横領罪など)によってなされたものである。

吉竹幸則氏の講演要旨吉竹幸則講演レジメ
①長良川河口堰は不要で、全く無駄な公共事業であった。
②朝日新聞勤務時代に、そのことを記事化しようとしたが、上層部に拒否された。
③拒否されたことに抗議すると、ブラ勤となった。
④退職後、報道弾圧と不当賃金差別で、朝日新聞を提訴したが、司法(地裁、高裁、最高裁)は、建設省、朝日新聞側に立ち、でっち上げ等で訴えを退けた。

黒薮哲哉氏の講演(講演レジメ)
①携帯電話の普及にともない携帯基地局が多く設置され始め、回りの住民が電磁波被害を受けるようになった(新たな公害)。
②九州各地で携帯基地局の撤去を求める裁判が起こっている。
③NTT等は、政党・政治家に多くの献金をしており、総務省出身者や最高裁関係者の天下りを受け入れていている。
④住民側がいずれも敗訴している。最高裁がヒラメ裁判官を配置移動(?)させて行政側、企業側を勝たせているようである。

ここに、司法(特に最高裁)の恐るべき実態が明らかにされたのである。

2016年3月 2日