講演・シンポジウム『裁判所は本当に駆け込み寺?』開催します

シンポジウム案内.jpg

   講演・シンポジウム『裁判所は本当に駆け込み寺?』のご案内

日時:2016年2月28日(日)13時30分~16時30分
会場:豊島区民センター会議室(東京都豊島区東池袋1-20-10)
     JR池袋駅東口から徒歩5分、豊島公会堂隣り
主催:最高裁をただす市民の会

講演テーマ: 「裁判ではなく、国政を推進する最高裁」
  -戦後日本は、最高裁の想像を絶する違法手段で、ある方向に維持されてきた
                                         講師 生田暉雄 

 (講師・パネラー)
  生田暉雄:元大阪高裁判事。弁護士。
       最高裁事務総局のウラ金追及。東京地裁提訴。
       著書『裁判が日本を変える』(日本評論社)他
 
  志岐武彦:「最高裁をただす市民の会」代表。小沢一郎検察審査会架空議決疑惑で最高裁を追 
        及。『最高裁の罠』(k&k)、『一市民が斬る!!最高裁の黒い闇』(鹿砦社)
  吉竹幸則:元朝日新聞記者。フリージャーナリスト。朝日新聞時代に無駄な公共事業・長良川河 
        口堰のウソを暴く。退職後、記事掲載などをめぐり朝日新聞社を提訴したが、最高裁 
        のでっち上げ判決で敗訴。『報道弾圧』(東京図書出版)等。
  黒薮哲哉 :フリージャーナリスト。新聞社の押し紙追及の第一人者。読売新聞と4件の裁判を 
        争う。 『「押し紙」という新聞のタブー』(宝島新書)、『新聞の危機と偽装部数』(花伝
        社)等。

2016年2月 4日