10月2日 最高裁事務総局は反論できますか? 「小沢一郎検審起訴議決を"架空議決"と結論付けた"7つの根拠"」!

 
 小沢一郎検察審起訴議決を"架空議決"と結論付けた"7つの根拠"
 添付資料:証拠書類   
 

 私達市民は、4年間、小沢検察審疑惑について調べ続けた。最高裁事務総局、検察審査会事務局、東京地方裁判所、会計検査院、東京地方検察庁などには何度も足を運んだ。そして、これらの役所への情報開示請求は60回以上に及んだ。開示資料も山のように集まった。どの開示資料も怪しいものばかりで、審査員と審査会議の実在を示す証拠は一つとして存在しなかった。
 検審疑惑解明のカギを握るⅩ氏には何度も会い、連絡を取り合い、極秘情報をもらった。Ⅹ氏は、森裕子前参議院議員のブレーンだった人で、森前議員に頼まれ最高裁製作の「審査員ソフト」を分析し、そのソフトには「都合の良い人を審査員にすることができる」イカサマ機能が組み込まれていたことを見破った人だ。このⅩ氏は、検察庁にも出入りしていて、起訴議決後の9月28日に偶然にも、検審に説明に出かける途中の斉藤検察官にばったり出会った人でもある。さらに、Ⅹ氏は私に「小沢裁判の無罪判決直後に、検察の虚偽捜査報告書をロシアサーバー通して八木啓代氏に流したのは私」と告白した。

 上記などから、小沢検察審は架空議決だったと確信を持った。


 どの角度から見ても、小沢検審起訴議決は架空議決である。

 最高裁事務総局は反論があれば、反論して頂きたい。

2014年10月 2日