2014年2月のブログ記事

2月27日 裁判長も"森側が主張する事実摘示の主張は失当"と認める(森ゆうこ訴訟第3回口頭弁論)

<2月25日、第3回口頭弁論開かれる>

1月8日志岐側が被告準備書面(2)と証拠資料(乙号証一覧)を提出し、1月14日第2回口頭弁論が開かれた。
2月24日午後、森側代理人小倉秀夫弁護士から準備書面が志岐側代理人山下幸夫弁護士にファックスにて届いた。
そして、2月25日、東京地裁526号法廷にて第3回口頭弁論が開かれた。

口頭弁論での裁判官と弁護人のやりとりを記憶をたどり以下に記す。


<裁判長が、"森側が主張する事実摘示の主張が失当であること"を認めた発言>

冒頭、裁判長が原告側弁護士に対し、原告の主張に対し以下の指摘をした。
「別々の日に作成したブログから特定の表現を抜出し、それをまとめた主張は事実摘示とはいえない。そもそもブログは一個一個独立しているもの。原告の主張の根拠は?」
これに対し小倉弁護士は
「近接したブログであり、被告のブログはテーマ性が強く、一つのテーマに集中しているから」などと抗弁。
これに対し裁判長は
「近接しているといっても、書いた時期が違えば考えも変わる。ブログを書いているときに、先のブログのことを考えて書くことはしない」とたしなめる。
小倉弁護士は
「過去の裁判でそのようなことが認められた」などと苦しい抗弁をした。

志岐側は"別ブログから特定の表現を抜出し新たな主張を作りあげその主張を事実摘示とする主張は失当"と被告準備書面で主張していた。裁判長は、被告主張に対する反論である今回の森側準備書面を読んだうえで、森側主張を退けた。即ち志岐側の主張が正当であるとの見解を出した。


<裁判長「ブログに書かれたことで要求するような損害があるのですか?」>

小倉弁護士は
「分かってもらえると思いますが、分かってもらえないようでしたら改めてそのことを次回提出します」


<裁判長は原告に対し、「判決までやりますか?」「どのような決着を望みますか」と問う>

小倉弁護士
「デタラメなことをブログに書いたのだから謝ってもらわなければ困る」
・山下弁護士
「こちらは和解するつもりはありません」


<山下弁護士「場合によっては、小沢一郎氏と彼の主任弁護士に対し証人調べを求める」と表明>

裁判長が「これから双方どのようなことを主張するか」と問う。
・小倉弁護士は
「Ⅹ氏の陳述書を提出しようと考えている」
・山下弁護士は
「場合によっては、小沢一郎氏と彼の主任弁護士に対し証人調べを求める」
(検察作成の捏造捜査報告書がどのルートから流出したかを確認するため)
「今回提出された原告準備書面に反論する」


<次回口頭弁論予定>

4月18日(金) 10:00 ~ 530号法廷

2014年2月27日|個別ブログ記事

2月10日 日本ジャーナリスト会議も「森ゆうこ裁判」報道! 『浮上する最高裁事務総局の闇 森ゆうこ元参院議員が一市民を提訴』

昨年12月18日、日本ジャーナリスト会議(JCJ)主催で「情報公開から読み解く最高裁判所」(森ゆうこ裁判の被告・志岐武彦さんの話を聞く会)が開かれた。

その会の模様は、「日々坦々ブログ」に掲載された。
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2216.html

日本ジャーナリスト会議については下記のホームページをご参照ください。
http://www.jcj.gr.jp/

その日本ジャーナリスト会議が、機関誌『ジャーナリスト』(月一回発行)で最高裁事務総局スキャンダル(小沢検察審査会架空議決疑惑)と森ゆうこ裁判の関係について記事にした。

『浮上する最高裁事務総局の闇 森ゆうこ元参院議員が一市民を提訴』


世紀の最高裁スキャンダル、森ゆうこ氏の豹変振り、森ゆうこ裁判の内容については以下のブログを参照してほしい。
12月27日 調査報告「"小沢検察審査会"架空議決 8つの根拠」(最高裁の謀略)
http://civilopinions.main.jp/2013/12/12278.html
1月14日 「森ゆうこ前参議院議員によるスラップ訴訟」始まる!
http://civilopinions.main.jp/2014/01/14_1.html
1月29日 「森ゆうこ恫喝裁判」における被告準備書面の証拠資料を公開!
http://civilopinions.main.jp/2014/01/129.html

2014年2月10日|個別ブログ記事

2月9日 東京新聞よくぞ書いた!「都知事選きょう投開票 "原発の是非示そう"」

本日2月9日の東京新聞一面ご覧ください。
東京新聞 『原発の是非示そう』

私がいま政治に一番期待すること
「原発を再稼働せず、このまま原発をゼロにする」の即決断をすることだ。

細川、小泉両元総理大臣が言っている通り、原発を即ゼロにすることが何よりも優先する。
もう一度原発事故を起こせば、私達は東京はおろか日本に住めなくなる可能性すらある。
これからの原発が安全なぞ誰が保証できるのか。

日本国民はどうしてこんなことが分からないのか、本当に情けない。

東京新聞はよくぞ書いた。
拍手喝采する。
これこそメディアが訴えることだ。

2014年2月 9日|個別ブログ記事

2 月7日 『紙の爆弾』(3月号)が報道!『森ゆうこ元参議院議員が「一市民」に起こした恫喝訴訟が明かす「最高裁の闇」』

本日(7日)発売の『紙の爆弾』(3月号)に、『森ゆうこ元参議院議員が「一市民」に起こした恫喝訴訟が明かす「最高裁の闇」』というタイトルのルポが掲載されました。

『紙の爆弾』3月号表紙.pdf

『紙の爆弾』 ホームページ
http://www.kaminobakudan.com/

                          記事トップページ
紙の爆弾.jpg

2014年2月 7日|個別ブログ記事