10月27日 「Ⅹ氏と森氏の"共闘"はその後も続き...」(週刊実話小沢裁判記事)の裏で何があったのか?

 小沢判決の直後、週刊実話に以下の記事が掲載された。
 週刊実話.pdf
 2012年5月24日号NO.19「小沢無罪の仕掛人 国家最高機密も握る"謎のフィクサー"」
 
 ドキッとすることが書かれている。
 "Ⅹ氏と森氏は共闘して判決前まで最高裁を裏で追及していた"という内容だ。

 "謎のフィクサー"と書かれたⅩ氏を一市民Tはよく知っている。彼の事務所には何度も足を運んだ。小沢判決前には頻繁に会いまた連絡を取り合った。

 そのⅩ氏が「自分の記事が書かれている」と言って、この記事をメールしてくれた。
 この記事に関してⅩ氏は以下のことを話してくれた。
 ・自分を貶めようとして書かれた記事だ。
 ・記事を書いたライターも心当たりがある。
 ・情報の提供者は反小沢に転向した小沢派議員である。何人かの議員の名前を挙げた。
 
 なお、記事中どこが歪曲されたのかについては言及がなかった。

 「Ⅹ氏の略歴」等については、本人が語った内容とほぼ一致している。
 一市民TはⅩ氏との接触だけでなく、何人かの小沢派国会議員と会っていたので、書かれた内容についてほぼ納得できる。

 この記事で注目したいのは、Ⅹ氏と森氏の共闘だ。


 <Ⅹ氏は森氏の「イカサマ審査員くじ引きソフト」の最高裁追及に多大に貢献>

 233ページ3段目、6行~25行 引用
【......『パソコンソフトに不備があり、データを書き換えて検察審査会のメンバーを意識的に選べる』
この質問の中に出てくる、森氏が調査を依頼した専門家こそⅩ氏だったのだ。
 「2人を接近させたのは、Ⅹ氏とかねてからの友人で、小沢氏の知恵袋である平野貞夫・元参議院議員。森氏は、小沢氏をおとしめた検察審査会を徹底的に洗ってプレッシャーをかけるため、平野氏を介してⅩ氏にアドバイスを求めたのです。Ⅹ氏は森氏に、発注者である最高裁からパソコンソフトを入手させ、細かいレポートを作成。森氏はそれを受け取り、Ⅹ氏が挙げた疑問点を国会でそのままぶつけたのです」(小沢グループ関係者)】

 Ⅹ氏は、一市民Tに「最高裁追及の資料は私が作った」と語り、森氏が最高裁から入手したソフトそのもの、ソフト仕様書、操作マニュアルなどを見せてくれた。
 一市民Tは数人の記者をⅩ氏に紹介した。これらの記者は、Ⅹ氏からこれらの資料をもらい記事にした。
 Ⅹ氏は大活躍したのだ。


 <「Ⅹ氏と森氏の"共闘"はその後も続き、...」>

 234ページ1段14行~2段17行引用
【 妄想レベルの仮説でかく乱
Ⅹ氏と森氏の"共闘"はその後も続き、ついには「小沢氏を強制起訴した検察審査会は召集されておらず、架空だった」というトンデモ推理まで持ち出した。
 「これもⅩ氏の見立てですが、森氏は連日のように最高裁スタッフを参議院会館の自室に呼び、ねちっこく追及を続けていました。もちろん検察審査会に実態はあるわけで、単なる嫌がらせに近いものでした」(前出の社会部記者) 】
 
 「検察審査会は架空」はトンデモ推理でなく本当のことだ。そのことはともかく、「森氏はトンデモ推理といわれる"審査会架空説"を持ち出して最高裁を追及していた」と書いてある。
  森氏は「検察審査会は架空でない」と言っているが、最高裁の前では「検察審査会は架空」と言っていたということか?


 <もともと小沢氏は無罪だ。国会で最高裁を追及し国民に知らせるべきではなかったのか>

 何故、最高裁と密室でこそこそやるのか?
 何故、国会で最高裁の問題を鋭く追及しないのか?
 何故、国民に検審の問題をもっと知らせないのか?

 もし多くの国民が最高裁の不祥事を知れば、最高裁追及は大きくなっていただろうに。
 そうなれば、最高裁は小沢氏を有罪にするなど絶対できない。
 正攻法で行ってほしかった。

2013年10月27日