8月21日 「検審架空議決」はやろうと思えば簡単です!空の「検察審査会」新設すればよい!

 最高裁事務総局刑事局の指導の下、検察審査会事務局が以下のことを実施したと思われます。

1.最高裁が新しい検察審査会を新設
事実、2009年5月、東京地検管内に、東京第三、第四、第五、第六検察審査会が新設された
検察審査会新設.pdf

2.画面上の審査員・補充員を準備
実在の人物が準備されるが、当人には審査員・補充員になったことを告知しない。
即ち、審査会議に足を運ぶ審査員はいない。

3.新設した「検察審査会」に申立事件を割り振り
(2010年2月小沢事件を東京第五検察審査会に割り振り)

4.検察審査会事務局が、「架空の審査会議日程」を決める

5.架空の審査会議日毎に、画面上の審査員情報を使って「審査員日当旅費請求書」を作成(アリバイ作りのため)
振込前に、地裁が振込口座を地裁秘密口座に書き換え、地裁にお金を還流させた?
(裏金作りの手口、検審利用の裏金作り事例.pdf

6.起訴議決する場合、「さくらの審査員」を揃え、検察官から「不起訴理由」を聞かせる

7.架空議決日が来ると、検審事務局と審査補助員で議決書を創作

8.検察審査会事務局が議決書を掲示板に掲示

9.検審事務局は、画面上の審査員のデータで議決検察審査員平均年齢を算出し、公表


 「架空議決」は容易に出来る。

 審査員がいないのだから、どんなやり方をしようが、どんな結果を出そうが何も外に漏れない。秘密は守れる。だから、一番確実安全な方法です。

2013年8月21日