8月20日 『9月8日「これから審査が本格化。議決は10月の公算」とリークし、9月14日議決』が可能なのは架空議決!

 小沢検審起訴議決では、以下の事実が存在する。
 『 9月8日「これから審査が本格化。議決は10月の公算」と主要6紙が一斉報道したが、6日後の9月14日議決と発表。審査員日当旅費請求書からは9月8日~13日に一度も審査会議が開かれた形跡なし』(参照:9月8日6紙一斉報道.pdf


 「審査が本格化した」と発表してから一度も審査会議を開かず議決したということだ。
 この場合、起訴議決は「架空議決」としかいいようがない。
 即ち、9月8日のリークの内容も、9月14日議決したことも作り話ということになる。

 小沢派前議員M氏は「審査員はいた」と主張しておられる。

 そのM氏は、上記の事実間の矛盾をこう説明した。
  『審査会議は既に着々と進んでいたが、検審関係者が「審査が本格化。議決が10月末」と、実態と違った作り話をリークした』

 この説明はおかしい。
 審査会議が本当に開かれていたなら、検審関係者はデタラメをリークする必要はない。
 また、審査会議が本当に開かれていて9月14日議決できそうであれば、その直前(9月8日)に「これから審査が本格化。議決は10月の公算」というデタラメな内容をリークしない。すぐに齟齬が生じてしまうから、そのような作り話をわざわざリークすることはない。

 M氏の論理は破たんしている。

 一市民Tは、審査会議が開かれていたという実態がないからこそ、デタラメな内容をリークできたと考える。
  
 ごく自然に受け入れられる解釈はこうだ。
 検審事務局は、9月8日までは、10月末架空議決予定にしていたので、「これから審査が本格化。議決は10月の公算」と作り話をリークした。
 ところが、作り話をリークした直後、予想外のことが起こった。代表選に出馬した小沢氏の勝ち目が出てきた。小沢氏が総理大臣になってしまったら架空議決はできない。そこで、強引に架空議決日を9月14日代表選投票前に前倒しした。9月14日に発表すると怪しまれるので、発表を10月4日に延ばした。

 
 M氏は、「審査員がいた」という確証がないのに、「審査員がいた」とどうして断定するのだろうか。

2013年8月20日