7月3日 やりもやったり最高裁!架空議決3連発!二階秘書「不起訴不当」、鳩山元首相「不起訴相当」、小沢元代表「起訴相当」

 小沢検審は架空議決だと言い続けてきた。
 一市民Tのブログや著作を読んで頂いた方はそのことを納得頂けたと思う。

 数か月前に、「二階俊博西松献金事件」も架空議決だったと報告した。
 http://civilopinions.main.jp/2013/04/427_1.html
 6月30日には、「鳩山元首相偽装献金事件」も架空議決濃厚と書いた。
 http://civilopinions.main.jp/2013/06/630.html
 
 3つも「架空議決」をするため、最高裁は4つの検察審査会を新設していた。


 <最高裁は東京第三、第四、第五、第六検審を新設>

 2008年1月の新聞記事を見て頂きたい。
 日経新聞2008年1月22日.pdf「最高裁再編案 検察審査会50か所廃止」
 検察審査会が少なくなるかと思いきや、記事中「再編案では、東京地裁本庁管内の検察審査会2か所を6ヵ所に増やす」とある。
 2009年5月、東京地裁本庁管内に4つの検察審査会が誕生した。

 おそらく、新設検察審査会は正式な審査員を選ばなかったと思う。
 新設だから、審査員を選ばなくても怪しまれない。


 <3つ事件の検察審査会割り振りと議決結果>

1.東京第三検審に「二階西松建設献金事件」を割り振り

2009年6月4日、「二階西松建設献金事件1」を東京第三検審に割り振り。
6月16日、一日審査で当日「不起訴不当」と議決したと発表。
6月29日、「二階西松建設献金事件2」を東京第三検審に割り振り。
7月21日、一日審査で当日「不起訴不当」と議決したと発表。
7月21日の審査員日当旅費請求書が存在しないことから架空議決は確実。

2.東京第四検審に「鳩山元首相偽装献金事件」を割り振り

2010年1月、3件の「鳩山元首相偽装献金事件」を東京第四検審に割り振り。
4月21日3件一括して「不起訴相当」と議決したと4月26日発表(新聞報道は4月27日)

3.東京第五検審に「小沢事件」を割り振り

2010年2月、「小沢事件」を東京第五検審に割り振り。
4月27日「起訴相当」議決したと同日発表(新聞報道は4月28日)
(事務局は審査員全員が起訴相当に賛成したと発表)


 <「空の検察審査会」を新設すれば「架空議決」は簡単>

 審査員がいなければ、思うままに議決書を作って発表すればよい。

 しかし、架空だと思われないようなアリバイ作りは必要だ。
  「画面上の審査員」を決めておく。
  「審査員日当旅費請求書」等を準備しておく。

 後は、開示請求があっても、真っ黒にして出せばよい。

2013年7月 2日