7月27日 「検審架空議決」は世界に類を見ない最高裁判所犯罪!これが民主党革命政権を潰した!

 前ブログで、「大新聞が書けない"小沢抹殺"驚愕の真実」と書いた。
 http://civilopinions.main.jp/2013/07/725_1.html


 <最高裁はさすが!検察が大捜査しても起訴できなかった小沢氏を刑事被告人に>
 
 検察は西松事件をでっち上げた。だが、小沢氏を起訴できなかった。
 さらに、陸山会事件をデッチ上げた。
 捜査費は30億円とも言われた。新聞記者まで聞き取り捜査に動員された。だが起訴できなかった。
 それを最高裁が起訴したのだ。


 <最高裁判所が組織ぐるみで、計画的に行った大掛かりな犯罪>
 
 犯罪の手順
① 2度の「起訴相当」議決で強制起訴できるよう検察審査会法改正
② 「審査員のいない検察審査会」を新設
③ 検察審査会事務局に「起訴相当」の議決書を創作させ発表し、小沢氏を刑事被告人にした
 犯罪は盛り沢山
・検察審査会法違反多数
・公文書偽造多数
・公金横領(審査員日当旅費のネコババ)


 <もしも、最高裁の架空議決犯罪がなかったとしたら>

 2009年3月~2010年2月(以下は過去の事実)
1.2009年3月、検察は西松事件をデッチ上げ、大久保隆規元秘書起訴
大メディア、民主党反小沢派、自民党の小沢たたきで小沢代表辞任
2.2009年5月、改正検察審査会法施行
(2度の「起訴相当」議決で強制起訴を可能にした)
―2009年8月衆院選挙で民主党圧勝、鳩山内閣発足―
3.2009年12月、検察は、鳩山偽装献金事件で捜査もせず鳩山氏の上申書「私は一切知りませんでした」をもらい不起訴処分とした
4.2010年2月、検察は陸山会事件をデッチ上げ、小沢氏を不起訴処分としたが、3人の元秘書を起訴した
(検察と大メディアが結託し、虚偽報道を混じえ小沢ダーティ―イメージを作り上げた)

 2010年4月~2010年6月(公正なくじで選ばれた検察審査員がいたとしたら)
5.2010年4月頃、鳩山偽装献金事件で検察審査会は「起訴相当」あるいは「不起訴不当」議決を出した可能性が高い。
「起訴相当」なら鳩山氏は総理辞任となり、その時点で小沢総理が誕生したと思われる。
6.2010年4月頃、小沢陸山会事件で検察審査会は「不起訴不当」か「不起訴相当」の議決を出した可能性が高い。(検査審査員が存在したら「起訴相当」議決はない)
この時点で小沢無罪が確定する。
7.2010年6月2日、鳩山氏は、首相退陣の際、不起訴になった小沢氏を道ずれにすることは出来ない。この時点で小沢氏を後継に推さざるを得ない。

 
 <菅首相、野田首相の誕生はなかったし、安部政権の復活もなかった>

 もしも、最高裁の検審架空議決犯罪が無かったら、

 菅氏と野田氏が首相に推される場面は生じない。
 小沢民主党政権が4年の満期まで続いていた可能性が高い。

 この間、
 消費税増税決定もなかっただろうし、TPP参加もなかっただろう。
 憲法改正論議も出なかっただろう。
 福島原発事故で、原発廃止に舵は切られただろう。

 そして、今夏4年ぶりの衆院選挙を迎えていたのではないだろうか。
 その選挙では、一般市民・民主党 対 官僚・自民党・メディアの壮絶な闘いで、今頃大いに盛り上がっているのではないか。

 
 最高裁判所の不法なイカサマ政治介入は世界でも例がない。

 そして、その政治介入が日本の政治を暗転させた。

 大げさに言えば日本の歴史を変えたと言える。

2013年7月27日