7月25日 大新聞が絶対に書けない"小沢抹殺"驚愕の真実!

 普通の市民が調べた小沢抹殺の真相です。
 拙ブログに書き続けたことをまとめたものです。

1.2009年3月、検察は西松事件をデッチ上げ、大久保隆規元秘書起訴
 大メディア、民主党反小沢派、自民党の小沢たたきで小沢代表辞任

2.2009年5月、改正検察審査会法施行
(2度の「起訴相当」議決で強制起訴を可能にした)

3.2009年5月、最高裁は、東京地裁管内に東京第三、第四、第五、第六の4つの検察審査会を新設(架空議決のため「審査員のいない検察審査会」を新設)

4.2009年6月、二階俊博西松事件を東京第三検審で「不起訴不当」議決で実質的に不起訴にして助けた(架空議決)

―2009年8月衆院選挙で民主党圧勝、鳩山内閣発足―

5.2009年12月、検察は、鳩山偽装献金事件で捜査もせず鳩山氏の上申書「私は一切知りませんでした」をもらい不起訴処分とした

6.2010年2月、検察は陸山会事件をデッチ上げ
 小沢氏を不起訴処分としたが、3人の元秘書を起訴した
(検察と大メディアが結託し、虚偽報道を混じえ小沢ダーティ―イメージを作り上げた)

7.2010年4月26日、鳩山偽装献金事件を東京第四検審で「不起訴相当」議決。この事件を終了させた(架空議決)
(司法当局と鳩山氏の間で、事件を不問にする代わりに「しかるべき時期の退陣」「退陣の際の小沢氏道連れ」の約束がなされた?)

8.2010年4月27日、小沢陸山会事件を東京第五検審1回目審査で「起訴相当」議決(架空議決)

9.2010年6月2日、鳩山首相退陣、その挨拶で「小沢幹事長も職を辞して頂きたい。...クリーンな民主党を作っていきましょう」と言い、小沢氏を無役にした。(これで小沢総理の芽は摘まれた)

10.2010年9月8日「これから審査が本格化する。(2回目審査の)議決は10月末になる」と主要6紙にリーク(10月末「架空議決」する予定を発表)

11.2010年9月14日、代表選に出馬した小沢氏が総理になる可能性が生じたので、「架空起訴議決日」を9月14日に早めることにした。議決発表は10月4日。
(小沢氏が総理大臣になってしまえば、「架空起訴議決」はできないのでその前に議決したことにした。これで小沢氏を完全に潰した)

12.2012年4月、最高裁と検察は「架空議決」がばれそうになったので、「検察の捏造報告書」を流出させ、捏造報告書誘導説を広めた

13.2012年4月26日、小沢氏の無罪判決

 その後、嘉田・小沢の「未来の党」は2012年12月の衆院選で大敗。
 2013年7月の参院選で、小沢の「生活の党」は全敗した。
 小沢氏は完全に抹殺されたということだ。

 国民は、旧自民党、民主党反小沢派、最高裁、検察、メディアが画策した小沢抹殺の真実を知らない。
 だから、ダーティーイメージだけが残った小沢氏を、国民は支持しなかったとみる。


 大新聞が報道をしてきた小沢事件と、私達市民が調べたそれはあまりにかけ離れている。
 ぜひ、このことに気づいてほしい。

2013年7月25日