7月16日 「最高裁が画策した小沢検審架空議決」の解説を動画で流しました!

 6月後半、新たな調査を加え「最高裁が画策した小沢検審架空議決」をまとめ直した。
 『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』.pdf
 これが3年の調査の集大成だと思っている。


 だが、一般の市民がこれを見て「小沢検審架空議決」を理解するのは難しい。
 「最高裁が架空議決で小沢氏を刑事被告人にした」という信じがたい内容だからだ。
 大メディアもジャーナリストたちもこれまで「小沢検審」についてまともに取材もしないし、報道もしていない。
 一般の市民は検察審査会についてほとんど知識がない。
 その上、書かれている内容は初めて知ることばかりだからだ。

 「最高裁が画策した小沢検審架空議決」の説明が不可欠だと思っていた。
 7月15日その説明の機会を頂いた。

 討論Barシチズン(大阪)のオーナー西岡正士氏が、一市民Tの講演会を企画してくれた。
 http://ameblo.jp/griripon/entry-11561131899.html

 皆さんはぜひ以下の「講演の動画」を見てほしい。
 そしてこの動画を多くの市民に知らせてほしい。

 「志岐武彦さん講演会1」
 http://www.ustream.tv/channel/citizen-live#/recorded/35865047
 「志岐武彦さん講演会2」 
 http://www.ustream.tv/channel/citizen-live#/recorded/35865263
 
 普通の一市民が「日本国の司法の大問題」を語った。
 素人ゆえ、上手に話せない。
 ただ、話した内容はすべて事実に基づいたものだ。

 そもそも、これだけの内容を「普通の一市民」だけが発信していること自体日本国の大問題だと思う。

 いま日本の司法は崩壊している。

 日本の司法が崩壊状態にあるのに、議員、ジャーナリスト、識者の誰一人として、それを追及しないのは深刻だ。

2013年7月16日