6月12日 最高裁、度が過ぎるぞ!作りも作ったり340枚の偽「審査員日当旅費請求書」!

<審査員日当旅費はこのようにして支払われる>
審査員日当旅費支払の流れ.jpg
 <会計検査院から「審査員日当旅費請求書」340枚が開示された>
 
 小沢事件の審査期間中(2010年3月9日~10月4日)の「審査員日当旅費」関連の「歳出支出証拠書類」431枚を、石川克子氏が2011年に会計検査院から受け取った。
 以下の伝票類だ。
 請求書.pdf
 債主内訳書.pdf
 支出負担行為即支出決定決議書.pdf
 歳出支出証拠書類表紙.pdf

 審査員の「請求書」はなんと340枚。


 <小沢東京第五検審の「審査日~発議日(伝票作成日)」との関係は>
第五検審 審査日~発議日.jpg
22回の支払いの中で、発議まで9日以上かかっているのが7回
4月1日は4日分、9月6日は3日分まとめて発議。
傳田元東京第五検審事務局長は「請求書は審査日当日あるいは翌日地裁に届ける」と発言している。
 
 審査員が存在したら審査会日ごとに発議されるはずだ。
 審査員がいないと思われる。
 検審事務局員は「架空審査日」が来るたびに、請求書を偽造しなければならなかったのに。

 
 <審査員が存在する東京第一検審の「審査日~発議日」はこうなる>
 
 石川克子氏が、「田代検察官の捏造報告書事件」を扱った東京第一検審の「歳出支出証拠書類」を開示請求した。
 その開示資料から「審査日~発議日」を整理すると以下のようになる。
第一検審 審査日~発議日.jpg
 請求日~発議日までの日数は1日~7日である。
 15回の審査会は毎回木曜日に行われていた。
 請求書を受け取り、金曜日に地裁に持って行くと、発議が翌週になることもあるが、全て一週間以内に発議されている。
 
 審査員が実在する検察審査会では、日当旅費が審査会ごとに遅滞なく支払われているのだ。

 やはり、小沢検審の日当旅費支払状況は不自然だ。


 <発議日をマスキング指示しなかったのは最高裁の大失敗>

 会計検査院は開示する前に、最高裁のチェックを受ける。
 最高裁はチェックするため2か月も開示延長を開示請求者に要求する。
 最高裁はほとんどの箇所をマスキングするが、請求書だけは本物であると見せかける必要があった。
 だから、日当費用、交通費、出頭日(請求日)などはマスキングせず開示した。
 最高裁は、「支出負担行為即支出決定決議書」の発議日もマスキング指示しなかった。
 検審事務局職員が偽造請求書を作りそびれ、まとめて提出していたなど、最高裁の想定外だったのだろう。明らかに最高裁のチェック漏れだ。

 悪いことをすればどこからかほころびが出るものだ。

2013年6月12日