5月27日 本丸最高裁徹底追及!『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』講演会を開始!

 小沢検察審架空議決を散々調べた。これからは調べたことを国民に伝えることに全力を注ぐ。 
 
 昨日、CNM(市民ネットメディアグループ)の主催で、第一回『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』講演会を開催した。
 
 <第一回『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』講演会開催>

1.日時 : 5月26日(日) 17:30~20:30 
2.場所 : 豊島区民センター4階会議室
3.テーマ:『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」(審査員は存在しなかった)』
4.講演者:「最高裁の罠」著者 志岐武彦
5.講演内容(パワーポイント『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』.pdfで説明)
 2010年9月、当時総理大臣候補だった小沢一郎元民主党代表を、検察の不起訴判断を覆し強制起訴したことで一躍有名になった「検察審査会」。この検察審査会議決により始まった小沢一郎裁判は2年に亘り2O12年11月無罪判決が出た。「検察審査会」で下された「起訴すべき」の決定が間違っていたことが証明された。
 私達市民は疑惑だらけの小沢検察審査会を追い続けた。検審事務局とそれを直轄する最高裁事務総局に通い、情報開示をし続けてきた。
 その結果、以下のように結論付けた。
 「小沢検察審査会は開かれていなかった」
 「検察審査員は存在しなかった」
 「小沢強制起訴は『架空議決』だった」 
 「『架空議決』を主導したのは最高裁事務総局だった」
 この調査の経緯とそのように結論付けた根拠をパワーポイントで説明した。

6.主催:CNM(市民ネットメディアグループ)
  協賛:主権者国民の告訴告発裁判を考える会(告訴・告発の会)


 <講演会の模様は動画参照>

長時間なので4本に分かれています。
http://twitcasting.tv/hibi_tantan24/movie/13349719
http://twitcasting.tv/hibi_tantan24/movie/13352560
http://twitcasting.tv/hibi_tantan24/movie/13355329
http://twitcasting.tv/hibi_tantan24/movie/13356824

 
 <来場者全員参加の講演会だった>

 来場者の途中質問、感想OKで会を進めた。
 とても質問が多かった。
 勉強会のようだった。
 3時間あっという間に過ぎた。
 司法の長・最高裁のお粗末振りには呆れていた。
 来場者は全員「架空議決」しかないことを理解してくれたと思う。
 
 後で動画を見て気づいたが、パワーポイントの画像がぼやけて見ずらい。
 映写機のピントが合っていなかったようだ。
 動画を見て頂いた方には大変迷惑をかけ申し訳ありません。
 パワーポイントの画像をプリントアウトし、それを見ながら話を聴いて頂ければ幸いです。
 

 何度も何度もこのような企画を続け、発信を続ける。

2013年5月27日