5月14日 最高裁はバカなことをしたものだ!これを見れば一目瞭然!『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』

 2年間の必死の調査で、
 「小沢検審は開かれていなかった」
 「検察審査員は存在しなかった」
 「小沢強制起訴は『架空議決』だった」
 「『架空議決』を主導したのは最高裁事務総局だった」 がはっきりした。

 最高裁は取り返しのつかないバカなことをしたものだ。
 国民をなめている。
 国民は気が付かないと思っていたのだろう。

 一市民Tは、どうやったら国民に分かってもらえるか考えた。
  ・この事実を広めてもらえるメディアを探すこと
  ・分かりやすいツールを作ること
 

 <広めてくれるメディアは?>

 残念ながら日本のメディアは「最高裁スキャンダル」に触れない。
 議員も識者も同じだ。
 最高裁が怖いからだ。権力側の締め付けが怖いからだ。
 大犯罪者を追及できないのだから情けない。
 
 外国メディアに頼るしかない。
 だから5月7日外国特派員協会(FCCJ)にリリースした。
 「If you would like to know the details, please call Shiki at this number  ●●ー●●●●ー●●●●」と書いた。

 いくつかの外国メディアからの反応を期待している。

 
 <わかりやすいツールを作る"その1:『最高裁の罠』上梓">

 本の原稿を書いて多くの出版社に送ったが、すべて断られた。
 出版社も最高裁が怖いのだ。
 ある出版社がこういった。
 「ドキュメントでとても面白い。が、怖すぎる。何をされるかわからない。どこも手を出さないと思うよ。」
 K&Kプレスだけは違っていた。
 出す意義を分かってくれた。 骨のある出版社だ。


 <"その2:要約『小沢一郎を刑事被告人にした「検察審査会」重大疑惑』">
 
 本を読むのはおっくうな人が多い。
 簡単に読める要約版を作った。
 『小沢一郎を刑事被告人にした「検察審査会」重大疑惑』.pdf(4枚)


 <"その3:見ればわかるパワーポイント『最高裁が画策した「小沢検審架空議決』">

 「架空議決」の証拠を示すことで、『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』がわかってくれるはずだ。
 最高裁、検審などの開示書類、新聞記事などを見せることで理解が深まる。
 これらを取り込んだパワーポイントを作った。
 そのパワーポイントをPDFにファイルにして皆様にお届けする。
 『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』.pdf(54枚)


 先ず、"その2 要約版(4枚)"を読んで下さい。
 次に"その3パワーポイント(PDF版54枚)"を見て下さい。
 更に詳しく知りたい方は『最高裁の罠』を読んで下さい。

 お読み頂ければ、「小沢検審が架空議決である」ことを理解して頂けるでしょう。


 多くの方に上記の資料を紹介して下さい。

 真っ向から「最高裁」に向かっていく議員はいない。

 国民が頑張らないと、「最高裁」に私達の主権を奪われてしまう。

2013年5月14日