4月25日 「小沢検審が架空議決」と結論付けた理由その4 検審事務局及び最高裁は、情報開示を全て拒否

 最高裁と検審事務局は、審査会議開催日、開催回数、会議室名、審査員・審査員候補者の「生年月」などの秘密でもなく、個人情報でもない情報も一切開示しない。

 開示通知文書と称して、真っ黒に塗りつぶした文書を開示した。
 
・検察審査員候補者名簿
検察審査員候補者名簿.jpg
・検察審査員及び補充員選定録
審査員・補充員選定録.jpg
臨時の選定録とその様式.pdf
 補欠の審査員、臨時に検察審査員の職務を行う者の選定録である。
 2枚目は「選定録等の様式であり、1枚目はこれを塗りつぶしたとみられる。

審査事件票.pdf
 申立てがあった事件が審査され、議決された後に作成する事件のまとめ
 一枚目は市民に開示したもの、2枚目は森ゆうこ議員に開示したもの
 森議員に開示したものは「綴じ込み穴」がないところを見ると、森議員の請求で急遽創作したとみられる。 

 ※最高裁、検審事務局には、不服請求をする制度がなく、開示されたものをそのまま受け入れるしかない。 

 情報開示を拒むのは、新たな情報を提供するとこれまで発信した情報と食い違いが生じ、さらなる追及を受けるからと考えられる。

2013年4月25日