3月25日 志岐武彦(「最高裁の罠」著者)『小沢一郎を刑事被告人にした「検察審査会」の新たな重大疑惑』(週刊ポスト)

 <本日(3月25日)発売、週刊ポストが署名記事掲載>

 読売新聞・朝日新聞3月25日朝刊広告.pdf

 週刊ポスト4月5日号表紙.pdf


 ・タイトル
 摘出スクープ ●志岐武彦(「最高裁の罠」著者)
 「あり得ない平均年齢」「民主党代表選にぶつけた強制起訴決議」......
 かねてより指摘されてきた「怪しい審査員」の名簿が何と2種類あった!
 『小沢一郎を「刑事被告人」にした「検察審査会」新たな重大疑惑』

 ・リード
 『 三権分立のひとつ「司法権」を持つ裁判所に「検察審査会」という機関があることは、数年前までは誰も気に留めなかった。最高裁の事務総局が管轄するこの組織を有名にしたのは、10年9月、東京第5検察審査会が小沢一郎・民主党元代表(現「生活の党」代表)の強制起訴を決めたことがきっかけだった。それによって小沢氏は刑事被告人となり、約2年間にわたる裁判闘争に労力を費やした。小沢氏に対する好悪はあろうとも、政権党の実力者が政治活動を制約された事実が、この国の政治に大きな影響を与えたことは間違いない。
 その小沢起訴を決めた検察審査会が「存在しなかった」としたら―。
 情報公開請求を重ねて検審の疑惑を追い続けた『最高裁の罠』(K&Kプレス刊)の著者・志岐武彦氏が、驚愕の資料を公開する。』


 驚愕の情報を公開しました。

 ぜひ購読してください。

 お読み頂ければ、日本が危機的状況になっていることが分かります。

 全国民に読んで頂きたいと願います。

2013年3月25日