11月28日 「生活」解党、嘉田新党に合流!「原発再稼働か原発ゼロか」が選挙の争点に!

 「『生活』解党、嘉田新党に合流の情報が流れた。
 やっと、本物の政治家たちがまとまった。


 <原発再稼働か原発ゼロかの闘いに!>

 山崎行太郎氏が、本日のブログhttp://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/で以下の記事掲載。

『小沢一郎が嘉田由紀子滋賀県知事の新党に解党、合流することを決断。一躍、衆院選挙の台風の眼に・・・。小沢新党も「日本未来の党」へ結集するか。「脱原発」や「反原発」・・・を志向する政治党派が、嘉田由紀子滋賀県知事が旗揚げした「日本未来の党」へ結集し、今回の衆院選挙で、「原発推進派か原発ゼロか・・・」という対立軸を作り、民主党や自民党、維新の「原発再稼働グループ」と全面対決することになりそうだ。むろん、小沢新党『国民の生活が第一』も、この流れに積極的に合流し、一大政治勢力を形成していく戦略のようだ。「民・自・公・維新」という既存政党の「米国依存勢力」との対立・対決という政治的意味も、もちろんあるだろう。面白くなってきたと言わなければならない。野田佳彦や安倍晋三、橋下徹・・・というような「馬鹿がつくほどの大嘘つき」たちの口から出任せの政治に、「no」を突き付けなければならない。これで、マスコミの「小沢一郎隠し」「小沢新党『国民の生活が第一』隠し」という戦術も無力化するはずだ。テレビや新聞は、嘉田由紀子滋賀県知事を中心とする新党「日本未来の党」を黙殺することはできない。と同時に、自民党や民主党、維新が「原発推進派政党」であることが、国民の眼にはっきりと見えてくるだろう。』


 <元原子力安全委員の武田邦彦氏は言う>

 武田邦彦氏は、一市民Tが勤務していた旭化成に同期で入社した仲だ。
 彼に、「原発の怖さ」をわかってもらうにはどうしたらよいのかと聞いてみた。
 彼はこう答えた。
 『日本の原発は震度6で設計されている。
 日本では震度6以上の地震が年13回発生している。
 日本では過去に7つの原発事故が起こった。
  そのうち2つは爆発寸前の事故(東海JOC、柏崎原発)
  そのうち1つは爆発してしまった福島原発
 日本では何時事故が起こっても不思議でない。
 原発は絶対稼働させてはならない 』


 <福島原発事故被災者は言う>

 一市民Tは先日、高校の同窓会で福島で被災したクラスメートに会った。
 彼女は、福島県田村市常葉町(中心地から30.5㎞)に住んでいた。
 事故後すぐに東京に避難。
 今年9月避難解除が出て、国は元の地に戻れという。
 放射能は今でもかなり高濃度なのでとても戻る気がしないという。
 県では、所有の畑は、表層15㎝を鋤取り、さらに下層15㎝を鋤取り、そこに表層土15㎝を埋め、下層の土で覆う作業をするという。
 県はその作業すらなかなか取りかからない。

 彼女はさらに言う。
 『東京、埼玉、千葉に住む人達はあまり原発を心配していないようだ。
 茨城東海発電所の70~90Km圏なのに。他人ごとではないはずだ。』

2012年11月27日