11月1日 『検察の罠』著者・森ゆうこ議員に、出版予定『最高裁の罠』に関してインタビュー(月刊日本)!

 文芸評論家・哲学者山崎行太郎氏と一市民T志岐武彦の共著『最高裁の罠』出版が本決まりになった。出版予定は11月末である。
 出版元の「月刊日本」(k&kプレス)が、『最高裁の罠』の出版に向けて積極的に企画を進めている。
 本日11月1日「月刊日本」が森ゆうこ議員へのインタビューを行うと、山崎行太郎氏から連絡があった。
 森議員は、今年5月『検察の罠』を出版されたが、国会等で「検察問題」だけでなく「最高裁問題」「検察審査会問題」についても鋭く追及されている。
 インタビュー内容は月刊誌「月刊日本」にも掲載予定だそうですのでご覧頂きたい。


 このインタビュー企画は、本日の山崎行太郎氏ブログ「毒蛇山荘日記」に掲載されたので、それを転載する。

『      「検察の罠」から「最高裁の罠」へ
 http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20121101/1351729932

 「検察の罠」から「最高裁の罠」へー本日、『最高裁の罠』出版に向けての企画として、「月刊日本」で、森ゆうこ議員にインタビュー取材することになった。森ゆうこ議員は、「小沢裁判」を積極的に支援し、追求してきた政治家であり、その成果を、今年、『検察の罠』という本にまとめ、ベストセラーになっている。『検察の罠』が提起した問題は広く、深いが、まだ十分に理解されていないのではないか、と思われる。志岐武彦氏との共著と言う形で、我々が出そうとしている『最高裁の罠』に関する問題の多くを、森ゆうこ議員の『検察の罠』が、すでに提起している。ただ、タイトルが示すように、森ゆうこ議員の『検察の罠』を読んだ人は、「検察問題」の比重が高いために、「最高裁事務総局」の問題、つまり「インチキくじ引きソフト」の問題や「検察審査会」の問題などが何を意味しているか、十分に理解できないのではないか、と思われる。おそらく「最高裁事務総局」の問題は、「検察問題」と密接に、且つ複雑に絡み合ってはいるが、やはり、もう一つの別の問題である。『検察の罠』から『最高裁の罠』への展開を、当事者として、国会を舞台に追求し続ける森ゆうこ議員に、うかがう予定である。ー「小沢裁判」と「最高裁スキャンダル」再考(12) 』

2012年11月 1日