8 月7日 検審事務局(=最高裁)は、「吉田審査補助員の交通費請求書」偽造でも大失敗!   

I氏から、「またおかしなことを発見した」と連絡があった。
I氏が、吉田繁美審査補助員の旅費請求書を調べたところ、審査会議開催日と合わないというのだ。

I氏の言う通りだった。

以下にそれを報告する。


<交通費請求書からみる吉田審査補助員の出頭日>

吉田審査補助員の交通費請求書は以下の3枚しかない。
吉田審査補助員の交通費請求書.pdf

吉田審査補助員の交通費は、神谷町―霞が関で往復320円

交通費請求から、吉田審査補助員の出頭日は

7月:7月27日に640円請求しているので、出頭日は27日と、その前に1回 計2回
8月:8月31日に960円請求しているので、出頭日は31日と、その前に2回 計3回
9月:9月28日に640円請求しているので、出頭日は28日と14日議決日  計2回


<「検審事務局報告の審査会議開催日」等と比較してみると>

歳出支出証拠書類から「審査会議開催日と審査員出席表」は以下の通り
審査会議開催日と出席者.pdf

先ず、9月を比較してみよう。
審査員日当・交通費請求書から読み取れる審査会議開催日は、9月は、6日、14日、28日の3日となっている。
朝日新聞10月5日、読売新聞10月6日記事によると、1~13日までは平日も頻繁に審査会議を開いたとしている。
ところが、この間、交通費請求書によれば、吉田審査補助員は一回も出頭していないことになる。

なお、9月28日に出頭した実績があるが、これは斉藤検察官が議決後説明を行った席に、吉田審査補助員が立ち会ったということを意味する。出席した人達は、ダミー審査員だったに違いない。本当の審査員が議決後の会議で、黙って検察官の話を聴くはずはない。

7月、8月を見てみよう。
9月8日の6紙一斉報道では、吉田審査補助員は、9月上旬に決まったとあるが、
7月2回、8月は3回も、審査会議に出頭し、交通費が支払われている。
おかしな話だ。


<請求書偽造作業で、検審事務局はつじつま合わせに失敗>

どうしてこんな齟齬が起こったのか。

検審事務局は、もともと、審査員を選んでいないし、審査会を開いていない。
架空の審査会議日と架空の審査員出席者を決めて、偽の審査員日当・交通費支払調票を作成した。
審査補助員の交通費請求書も、これに合わせて偽の請求書を作らなければいけないが、それの作成を間違ってしまったということだろう。

開いていないものを開いたとするには、このような作業も間違いなく実施しなければいけない。

これだけアリバイ作りにミスが多ければ、もう隠すことはできない

検審事務局(=最高裁)はいい加減に観念したらどうか

完全犯罪はできないものだ

2012年8月 7日