8月5日 朝日新聞は、小沢起訴議決「嘘報道」を朝刊、夕刊に掲載していた!

小沢起訴議決報道では、2本の嘘記事を何度もブログで紹介した。
朝日新聞2010年10月5日朝刊.pdf
読売新聞2010年10月6日朝刊.pdf


2010年10月5日、朝日新聞は、朝刊に続き、夕刊でも嘘記事を掲載していた。
朝日新聞2010年10月5日夕刊.pdf


この朝日新聞夕刊記事、読売新聞10月6日記事の内容を比較すると面白い。


<朝日10月5日夕刊と読売10月6日記事内容はそっくり同じ>

・8月、9月の検察審査会議開催日(8月隔週、9月平日頻繁に開催)
・斉藤検察官の出頭日と説明の内容(議決前に説明)
・吉田審査補助員の話
・審査員の言葉「こんな日になっちゃったね」(議決日が代表選日になったことに対し)

朝日も読売も、同じ検察審査会関係者からリークされたものだ。
ところが、東京第一検審の長瀬事務局長は、「自分たちは何もりーくしていない。新聞社が勝手に書いたもの」と言っている。
新聞社が勝手に創作するなどありえない。


<念のいった描写(?)には呆れる>

朝日には念のいった描写がある。
『ジーンズの男性に、ミニスカートの女性...。くじで偶然選ばれた11人の平均年齢は30.9歳と、比較的若い顔ぶれになった。』
『「審査員は本当に、そのあたりいる人。およそ小沢さんの議決をした人たちとは思われないかな。」関係者は苦笑いした。』

平均年齢30・9歳は、クジて偶然えらばれた普通の人達だと、国民に思わせたかったのだろう。


<朝日夕刊記事にも真実は何もないだろう>

以前に拙ブログに、読売の記事について書いた。
『7月27日 読売新聞社に公開質問状!インチキ報道『斉藤検察官は9月上旬検審出頭説明』『審査日「議論煮詰まった」』を問う!』
http://civilopinions.main.jp/2012/07/7279.html

朝日について、全く同じことが言える。
朝日夕刊記事に真実は何も書かれていないと思う。嘘だらけだと思う。

検審事務局(=最高裁)は、審査会が開いていないのを隠すためのアリバイ作りとして、読売、朝日に嘘情報を流し、掲載してもらったのだろう。

これでは、朝日、読売の最高裁イカサマ議決の共犯だ。


大手2大紙が嘘を書いて、最高裁の国家犯罪を隠蔽しようとした

その罪は重い

徹底して追及すべきだ

2012年8月 5日