7月27日 読売新聞社に公開質問状!インチキ報道『斉藤検察官は9月上旬検審出頭説明』『審査日「議論煮詰まった」』を問う!

7月19日一市民TとI氏は、読売新聞本社に対し、2010年10月6日付記事『審査日「議論煮詰まった」に関し、公開質問状を配達証明郵便にて送付した。

読売新聞10月6日.pdf

公開質問状.pdf

公開質問状の添付資料
添付1:読売新聞10月6日.pdf
添付2:審査会議開催日と出席表.pdf
添付3:出張管理簿例.pdf
添付4:9月8日付大手6紙新聞報道.pdf

この読売10月6日付記事は事実に基づかず書かれている。
あり得ない内容ばかりだ。


<読売記事『斉藤検察官は9月上旬検審出頭説明』>

読売新聞によると
『9月上旬には、「起訴議決」を出す場合に義務付けられている検察官の意見聴取を行った。意見聴取では、東京地検特捜部の斎藤隆博副部長が1時間以上にわたって説明。...』
とある。
ところが、I氏と一市民Tの情報開示請求で、9月上旬に斉藤検察官が検審に行ったという出張記録はない。
http://civilopinions.main.jp/2012/07/719.html


<読売記事『審査会議は、8月は隔週、9月は、議決日まで平日頻繁に開催』>

読売新聞によると
『11人の審査員たちは、お盆休みのある8月中は隔週でしか集まれなかったが、9月に入ってからは、平日に頻繁に集まり審査を行った』
ところが、I氏が会計検査院から入手した会計伝票からの情報によると、8月の会議開催日は、4、10、24、31日。9月は議決日まで、6日の一回のみの開催である。
もっとも、この情報も、検審(=最高裁)のアリバイ作りのための書類のようだが。


<読売記事『議論は煮詰まった』はないだろう>

9月8日付けで、読売含め大手6紙が、「審査補助員の選任により審査が本格化、10月末議決」と報道しておいて、9月8日から一回も審議せず、6日後の9月14日、「議論は煮詰まった」として議決をしたという。
一月も経たないうちに、こうも矛盾した記事をよくぞ書いたものだ。


<読売新聞の猛省を期待したい>

売り上げ高ナンバー1の読売新聞が、この体たらくだ。
情けない。

国民に真実を伝えることがマスメディアの責務である

検察審査会(=最高裁)のイカサマのアリバイ作りに加担してはならない

だが、期待しても無理だろう
国民は不買運動を推進するしかないのではと思う

2012年7月27日