4月18日 最高裁・検審事務局は「審査員会議も開いていない」と暴露され大ショック!

拙ブログに『4月14日 最高裁・検審事務局は審査員を召集していない?審査員会議も開いていない?!』と書いた。
http://civilopinions.main.jp/2012/04/414.html

ずばりのことを指摘され、最高裁・検審事務局は大ショックのようだ。

国会議員さん方も、この件で、さらに別の状況証拠を掴んだようだ。
連日、最高裁事務総局幹部を議員会館に呼びつけ、追及を始めている。
最高裁事務総局は四苦八苦だ。
開いていないのに開いたとするには、偽造文書を作成して提出するしかない。
これ以上偽造文書を出すのも地獄、出さぬも地獄。

こちらは久々に、最高裁事務総局の出城・東京第五検審事務局を攻めた。
4月17日、東京第五検審事務局に電話を入れた。


<「審査員会議は開いてないぞ」に、金子事務官、長時間沈黙!>

実行犯のうち異動していないのは金子事務官だけだ。
その金子氏が電話口に出た。
彼と話すのは初めてだ。

一市民T「審査会会議録にはどんなことが書いてあるんですか」
金子氏「うん。貴方は検察審査会法を読んでいるのですか。"審査会議は公開しない"と書いてあります」("うん"は口癖のようだ。態度が大きい)
一市民T「公開しないとあるのは、"会議の中身"のことだ。何時、何処で、何人出席したかなどの情報は別」
金子氏「うん。それも会議の情報。会議は公開しないのです」
一市民T「会議日時ぐらい開示しても、何の問題もないはずだ」
金子氏「会議は公開しないと決められている」(最高裁から、法律の条文を楯に断れと厳命されているようだ)
しつこく何度聴いても答えは同じ。
一市民Tはついに核心に突込んだ。「審査員会議はやっぱり開かれていない。貴方達は本当に審査員会議を開いたのか。開いたかどうかだけ答えてくれ」とぶつけた。
金子氏「......」
開いていないとする状況証拠を次から次に続けた。
一市民T「開いてないでしょ。どうですか」
金子氏「......」
あまりに長い沈黙。
電話を切られたかと思い、
一市民T「金子さん。聞こえているのか」
金子氏「はい。」(小さな声で)
一市民T「貴方は何も答えない。何か言ったらどうだ」
やっと金子氏「法律通りにやっています」
一市民T「私は会議を開いたかどうか、聞いているんだよ」
やっと、金子氏「開いている」(小さな声で)
一市民T「それでは開いている証拠を見せてもらいましょう」
金子氏「貴方の言うことはおかしいですね。貴方の方から開いていないことを証明したらどうですか」
呆れた切り返しだ。
これ以上話しても無駄だ。
一市民T「もういい。橋村事務局長に代わって欲しい」


<「会議録見ましたか」に、橋村事務局長「存在します」>

一市民T「審査員会議は開かれていないよ」
橋村氏「......」(黙って聞いている)
審査員会議が開かれていない状況証拠を説明すると
橋村氏「それは貴方の考えですね」
一市民T「ところで、貴方は異動後に、小沢検審の会議録を見ましたか?見ませんでしたか?」
橋村氏「存在します」
一市民T「"見ましたか、見ませんでしたか"と聞いているのですよ。"存在します"はおかしいですね」
橋村氏「一市民Tさんの質問をそう受けとめました」
一市民T「会議録がないから、そう答えているのですね。見たんですか、見なかったのですか」
橋村氏「見ました」(小さな声で)
一市民T「審査員会議を開いたと言い張るなら、証拠になるものを見せればいいんですよ」
橋村氏「会議情報は非公開ですから」


<審査員会議の情報について聞かれたら、「会議の情報は非公開」で全て断る>

一市民Tが、「あなた達は審査員会議を開いていない。架空議決だ」と決めつけているのに、2人は反論もしないし怒りもしない。まともに開いていたら怒るはずだ。

最高裁・検審事務局は審査員会議の情報については、全て「会議は非公開」で逃げる。

やっていないものを、やったと言い通すのは無理がある。
国会議員さん、後はしっかり詰めて下さい。

最高裁事務総局の出城・東京第五検審事務局には、金子氏という実行犯が1人だけ残っている。
皆さんも電話で追及してください。

東京第五検察審査会事務局の電話番号は   03-3581-2878です。

2012年4月18日