3月1日 最高裁事務総局の「イカサマソフトによる小沢起訴議決」と「官製談合」は戦後最大のスキャンダル!多くの国民に知らせよう!

<最高裁事務総局は「イカサマソフト」まで作って小沢起訴>

「イカサマソフトによる小沢起訴議決」は日本の民主主義を真っ向から破壊する行為だ。
法の番人・最高裁が、小沢氏を自らと仲間の官僚達の利権を脅かす存在と見るや、違法なイカサマ手段を使って刑事被告人にしてしまった。司法の長にこれをやられれば、国民も国会議員も言論や活動を封じられ何も出来ない。


<最高裁事務総局は「官製談合」の常習犯>

最高裁の「官製談合」はずっと昔からやられてきたことだろう。
恐ろしい組織なので、会計検査院もチェックできず、これまで表に現れることはなかった。ところが「イカサマソフト」の追及を端に、官製談合の実態が暴露された。
65年間やり放題だったので、その数や内容もすさまじい。
最高裁事務総局が主導する「官製談合」の特徴は、殆んど不要な事案が多いということだ。例えば、審査員選定クジ引きソフトは、それまで使われてきたガラガラポン抽選器で充分だったはずだ。
もうひとつの特徴は、業者には実勢価格の数倍のお金が払われている。
10倍以上のお金が支払われていると思われる案件もぞろぞろだ。
彼らは予定価格を知らせたり、あるいは、勝手な理由を並べ随意契約をし特定の業者に受注させる。
その業者にOBが天下る。OBの給料の前払いだ。
さらに、官僚を擁護するコメンテイターや評論家を高額で役員や顧問に雇わせる。ちなみにイカサマソフト受注の富士ソフト(株)には、堀田力、谷内正太郎、堺屋太一、岩見隆夫等そうそうたるメンバーが役員や顧問に名を連ねた。イカサマソフトの話題が出るや、彼らはそそくさと役員や顧問をやめてしまったが。まさに血税がこれらの評論家やコメンテイターに流れたのである。
キックバックさせて、事務総局幹部が遊興費、ゴルフ代などに使っているといううわさもある。

これが天下の最高裁のやることか。


<サンデー毎日2月26号と3月11日号、国民全員必読です。今からでも購入拡散を!>
 
「イカサマソフトによる小沢起訴議決」と「官製談合」を世間に知らせてくれた紙メディアはサンデー毎日と日刊ゲンダイだ。

サンデー毎日の2冊は圧巻だ。
サンデー毎日2月26日号.pdf
サンデー毎日3月11日号.pdf


バックナンバーがほしい方はサンデー毎日営業出版部に連絡下さい。
03-3212-3257、03-3212-3259

ご購入の上、知人、友人に読んでもらってほしい。病院や床屋の待合においてもらうのもひとつの手だ。

日刊ゲンダイ記事は、店頭に並ばなくなったらブログ等に貼り付けるとか、コピーを配るとかして拡散しよう。

最高裁の「イカサマソフトによる小沢起訴議決」と「官製談合」を、多くの国民にあらゆる手段で知らせよう

大新聞、テレビが報道しない分、われわれが頑張ろう。
心ある国会議員が国会で追及しやすくなる。

2012年3月 1日