10月3日 蓮舫大臣もうひとつの「怪しい接待」! 「野田政権と闇社会の点と線」第3弾(週刊朝日大スクープ)!

<週刊朝日が大スクープ連発!>

週刊朝日がこのところ、毎号大スクープを連発している。

9月23日号 「野田政権と闇社会の点と線」第1弾
『「事業仕分け」直前 野田、蓮舫、前原、細野らを赤坂の高級料亭で...「怪しいタニマチ」疑惑の接待』をぶち上げた。
http://civilopinions.main.jp/2011/09/919.html

続いて、
9月30日号「野田政権と闇社会の点と線」第2弾 
怪しいタニマチに頼んだ9億円 幻の「野田・前原・後藤田新党」

「野田政権と闇社会の点と線」第3弾は、
蓮舫大臣と手塚首相補佐官の再登場だ。

週刊朝日10月7日号「野田政権と闇社会の点と線」第3弾 蓮舫大臣もうひとつの「怪しい接待」P18.pdf
週刊朝日10月7日号「野田政権と闇社会の点と線」第3弾 蓮舫大臣もうひとつの「怪しい接待」P19.pdf
週刊朝日10月7日号「野田政権と闇社会の点と線」第3弾 蓮舫大臣もうひとつの「怪しい接待」P20.pdf


<蓮舫大臣と手塚首相補佐官、執行猶予中のダイナシティ元社長と怪しい交際とカネ>

週刊朝日は、蓮舫、手塚両氏、野田首相、前原、枝野ら、民主党中枢が、09年の事業仕分け直前、"怪しいタニマチ"の仲介で仕分け対象者と密会していたことを9月23日号で報じた。

さらに、前原、野田両氏と自民党の後藤田正純氏らとの間で温められていた「保守新党構想」では、9億円の工面をくだんのタニマチらに依頼していたことなどを、9月30日号で報じた。

今度は「記事ででたタニマチよりももっと問題のある人物と、蓮舫氏や手塚氏は今も交際しています」と報じた。
その人物とは、ジャスダック上場企業だった不動産会社「ダイナシティー」元社長で、05年に覚醒剤所持で逮捕された中山論氏というのだ。
家族ぐるみで、青森のねぶた祭の接待まで受ける仲だそうだ。
現在も、付き合いが続いているそうだ。
手塚氏に至っては、中山氏から、957.6万円の献金も受け取っているとのことだ。
お付き合いや供応の様子は、記事を読んでほしい。

結びは
『蓮舫氏は無駄削減のため、事業仕分け第4弾をやるとぶち上げているが、まずご自信にメスを入れてはどうか』
的確な指摘だ。


<マスメディアは、民主党中枢の「政治とカネ」については殆んど報じない>

蓮舫、手塚両氏、野田首相、前原らは、知らずに、怪しい人物と付き合ったり、供応を受けたり、献金を受けたということではなさそうだ。
彼らは、自分からそれを求めているようだ。
そのことが明らかなのに、マスメディアは何も追及しない。
小沢報道では推測で記事にする。その差が酷すぎる。
日本のマスメディアは、メディアとは認定しない。
日本でメディアとして認めることができるのは、週刊朝日、週刊ポスト、日刊ゲンダイしかない。なんと情けないことか。

2011年10月 3日