9月15日 政治報道はイカサマだらけ! 小沢報道 :嘘・偏向報道で、真白なのに真黒に! 菅・前原・野田報道 :真黒なのに批判は僅か!

小沢氏を貶めるなら、なんでもありの状態が続いている。
小沢潰しの首謀者は東京地検特捜部と民主党無能悪党集団(菅・前原・野田・仙石ら)だ。
そして、マスメディアが嘘・偏向報道で加担した。
マスメディアが国民を欺いているわけだが、国民が騙されていることに気づかないのが残念だ。


<東京地検特捜部・民主党無能悪党集団(菅・前原・野田・仙石ら)・マスメディアが小沢氏を失脚させた>

この3年間、東京地検特捜部、民主党無能悪党集団、マスメディア等は、言いがかり程度のことで小沢氏を攻め立てた。彼らは大きな権限と影響力を持っているので、理不尽なことも強引に通してしまう。
東京地検特捜部が西松事件と陸山会事件をでっち上げ、3人の元秘書を起訴した。
さらに、検察審査会事務局が検察と共謀して無実の小沢氏を起訴した。
マスメディアは、この事件に乗じ、嘘・偏向報道や偽世論調査を繰り返し、小沢バッシングを続けた。
嘘報道の極はTBSの朝ズバだ。
http://www.dailymotion.com/video/xg8hne_yyyyyyyyyyyyyytbsyyyyyyyyyyyyyyyyy_news
民主党無能悪党集団は、検察やマスメディアを味方にして、卑劣な小沢攻撃を続けた。そして、小沢・鳩山を駆逐し、自分達が政権の中枢についた。


<民主党無能悪党集団(菅・前原・野田・仙石ら)の小沢攻撃はえげつなかった>

菅・野田・前原・仙石らは、露骨にえげつなく小沢氏の追い落としを謀った。
「秘書が起訴されたのだから代表辞任を」
「秘書3人が逮捕されたのだから幹事長辞任を」
「政治倫理審査会で説明を」
「(総理になったら)不信任案を出して降ろす」(仙石発言)
「起訴されたのだから党員資格停止」

かくして、小沢氏は、代表を追われ、次に幹事長職もやめた。昨年の代表選では菅に敗れた。菅政権は、追い討ちをかけるように、小沢氏の党員資格停止の措置まで取った。


<小沢氏は無実、3人の元秘書の起訴も不当であることが明かに>

9月26日には、西松事件と陸山会事件の判決が出る。
大久保、池田両氏は無罪確実だ。石川議員も、裁判官の心証を余程悪くしない限り、罪に問われることはなさそうだ。
また、陸山会裁判の過程で「小沢氏が収支報告書の期ズレ記載に関与していない」こともはっきりした。検察審査会で起訴議決の容疑事由が否定されたということだ。
従って、小沢氏は真っ白だったということだ。

マスメディアは、このような状況になっても、裁判状況等についての真実報道をしないし、間違った報道をしたことの謝罪もしない。全く卑怯だ。


<罰を受けるべきは、菅・前原・野田・仙石らだった>

今年になって、菅・前原・野田・仙石らのダーティー振りが次々に明かになりつつある。

以下にその事例を示す。

菅氏のお金の問題
菅氏は、在日韓国人からの献金問題で国会でも追及された。
マスメディアはこの問題を殆んど追及しない。うやむやに終わりそうだ。
菅氏には、別の問題が浮上してきている。
東京新聞9月6日付夕刊「菅前首相を告発」.pdf
報道のあらましは以下の通り。
『菅直人前首相の資金管理団体「草志会」が、資金残高がマイナスだったにもかかわらず、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」の派生団体に献金したとして政治資金規正法違反罪で告発された。政治資金収支報告書に記載されていない「献金の原資」が焦点となっている。菅氏は事務所が立て替え払いをしたと説明するが、「数百万円の立て替えは考えにくく、意図的な収入隠しではないか」との指摘も上がっている。告発状を受理した東京地検特捜部は、疑惑解明のため草志会の資金を詳細に調べる方針だ。』
明かに政治資金規正法に違反している。東京地検特捜部が真面目に立件すれば有罪となる可能性が高い。

前原氏のお金の問題
前原氏は、在日韓国人からの5万円の献金問題で外相を辞任した。
その後、代表選立候補の際、別の韓国人3人から31万円の献金を受けていたことを明らかにした。知らなかったでは済ませられる問題ではない。
暴力団との付き合いがあり、パーティー券の購入などをしてもらっていた。
メディアは、これらのこともなんら追及も批判もしない。
批判するどころか、国民が一番総理にしたい政治家だと誉めそやす。
永田メール事件や数々の舌禍で名を馳せているが、政治家としてなんら実績がない。総理にしたい政治家とは呆れる。

野田氏のお金の問題
彼も、2人の在日韓国人から計318,000円の献金を受けていた。
暴力団からパーティー券を買ってもらっていた。
「クリーンな政治」と叫んでいた人だ。総理になる資格はないのでは。


3人は一様に知らなかったと押し通しているが、明かに政治資金規正法に違反している。「政治とカネ」は、彼らに冠する言葉だ。
彼らこそ、罰せられるべきだ。その彼らが、無実の小沢氏を攻撃するのだから呆れる。「盗人猛々しい」とはこのことか。

マスメディアも酷い。
糾弾すべき者を庇い持ち上げ、無実の者を貶めるのだから許せない。

9月26日の判決、来年4月の小沢裁判の判決によって、小沢の「政治とカネ」が全くの虚構であることが明かになる。
マスメディアと民主党無能悪党集団はどう言い訳をするのだろう。

2011年9月15日