2011年9月のブログ記事

9月26日 この国の司法はどうなっているのだ! 小沢元代表の元秘書3人に有罪判決

毎日新聞のネットニュースを見た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000051-mai-soci

<小沢元代表の元秘書3人に有罪判決>

小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、元秘書3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた事件で、東京地裁(登石郁朗裁判長)は26日、元同会事務担当者の衆院議員、石川知裕被告(38)に禁錮2年、執行猶予3年(求刑・禁錮2年)を言い渡した。後任の事務担当者、池田光智被告(34)は禁錮1年、執行猶予3年(同・禁錮1年)、中堅ゼネコン「西松建設」からの違法献金事件でも併せて起訴された元公設第1秘書、大久保隆規被告(50)は禁錮3年、執行猶予5年(同・禁錮3年6月)とした。


<裏権力(官僚その他の既得権者)と検察と裁判所はグル>

驚愕した。恐ろしさを感じた。
彼ら3人が何をしたというのだ。
収支報告書の記載のズレだけで禁固刑。
なんて惨い判決なのだろう。
判決理由まだ知らされてない。
おそらく、西松からの献金を違法と認め、裏金授受隠しのための虚偽記載と判断したのではないか。

石川さんは議員活動が一層不自由になる。
最高裁まで行くのは確実。
最高裁で負ければ公民権停止で、議員を辞めなければならないのか。

新聞は小沢裁判の判決に影響すると書きはじめるだろう。
この判決と小沢容疑とは関係ないはずなのに。
そして、野党や民主党悪党集団が、元秘書3人が有罪になったのだからと、小沢さんの議員辞職を迫る可能性がある。
小沢さんが政治活動をできなくなる心配がある。


裏権力(官僚その他の既得権者)は、こうやって裏権力に逆らう者を貶めていくのが良く分かった。
裏権力と検察と裁判所がグルだ。
これらに狙われたら、どうしようもないのか。

とにかく今は、小沢さん、3人の元秘書は挫けず頑張ってほしいとしか言いようがない。

2011年9月26日|個別ブログ記事

9月23日 野田評 「空っぽ、見栄っ張り、口がうまい、非情、官僚いいなり! これって前の人と同じじゃないか!」

週刊ポスト8月30日号「野田内閣『屁のような醜聞』10大ニュース」(P40)の結びに野田評が書かれていた。
『小心、空っぽ、見栄っ張り、口がうまい、非情、官僚いいなり ー なんだ、前の人と同じじゃないか!不人気、短命も踏襲するかな。』

言い得て妙。野田と菅は本当によく似ている。


<一市民Tの野田・菅評>

世間知らず、空っぽ、見栄っ張り、口がうまい、非情、 官僚いいなり! 国民無視!汚いカネどっぷり!

"小心"のところを"世間知らず"と言い換えた。
"国民無視""汚いカネどっぷり"を付け加えた。

野田も菅も国民に信頼されない人物であることはたしか。

"国民無視""官僚いいなり"" "汚いカネどっぷり"は絶対に許されない。
総理大臣不適格だ


<始末の悪いマスメディア:野田を褒めちぎる>

菅の総理就任時、マスメディアはしこたま菅を持ち上げた。
今回も同じだ。

マスメディアは、代表選出馬表明前から、「ポスト菅として最有力」「野田氏を軸に代表選」「野田氏に安定感あり」と報じた。
代表選での"ドジョウ演説"を秀逸と。
総理になったら、庶民派、温厚な人柄と褒めちぎった。
胡散臭い世論調査で支持率70%を超えたの、至上5番目の高さだのと、ヨイショした新聞も。


"国民無視""官僚いいなり"の国連演説 『原発安全 最高水準に!』>

9月22日、野田首相が原発に関する国連演説を行った。
東京新聞9月23日付「野田首相原子力演説要旨」.pdf

呆れた演説だ。
さすがの東京新聞も一面トップ記事にしなかった。
被災国日本の首相が、堂々と原発推進を打ち上げたのだ。
原発に関しては、菅前首相の方がましだ。

福島第一原発事故
『事故原因は津波によるもの』
→政府・東電はひた隠しだが、地震による配管等の損壊等で、運転者が非常用冷却装置を手動停止したことが爆発をした原因といわれている。
(週刊ポスト9月30日号『東電「黒塗り報告書」に書かれている「国家機密」』参照)

事故情報の開示
『事故の全てを迅速且つ正確に国際社会に開示する』
→情報隠ぺいばかりが行われていて、国民には核心の情報が与えられていない。
ヤラセや嘘情報が氾濫している。

エネルギー政策
『原子力発電の安全性を世界最高水準に高める』
→60年間も多額の税金を使って安全性を推進してきたのではないか?本当に懲りない人達だ。
『今後も、新興諸国を初めとする多くの国々に原子力安全の向上を含めた支援をしていく。(原発を輸出するということか)』
→支援出来る技術でないことはあきらかだ。

結び
『人類が英知によって原発事故の突きつけた挑戦を必ず克服し、福島が「人々の強い意志と勇気によって人類の未来を切り開いた場所」として思い起こされる日が訪れると確信する』
福島は人類の未来を切り開いた場所ではなく、原発推進者たちの無謀な挑戦で未来を奪われた場所だ


野田の"国民無視""官僚いいなり"姿勢は、間違いなく総理失脚の道へと進む
国民はもう騙されない。

2011年9月23日|個別ブログ記事

9月19日 「事業仕分け」直前 野田、蓮舫、前原、細野ら... 「怪しいタニマチ」から「疑惑の接待」、献金も!(週刊朝日)


<週刊朝日が大スクープ!>

えっ!野田、蓮舫、前原、枝野らはドロドロではないか。
野田氏は、直近まで闇社会の輩からカネをもらい接待を受けていたのか。
鳴り物入りで始まった「事業仕分け」も実は茶番だった。

週刊朝日9月23日号記事をじっくり読んで頂きたい。
凄いスクープだ。

野田政権と闇社会の「点と線」
『「事業仕分け」直前 野田、蓮舫、前原、細野らを赤坂の高級料亭で...「怪しいタニマチ」疑惑の接待』

週刊朝日9月23日号18ページ.pdf
週刊朝日9月23日号19ページ.pdf
週刊朝日9月23日号20ページ.pdf
週刊朝日9月23日号21ページ.pdf

『「逆立ちしても鼻血が出ないほど(無駄削減を)徹底してもらいたい」。野田佳彦首相は政権発足早々、蓮舫行政刷新相へ直々に指示したという。だが、本誌は、事業仕分けが実は茶番に過ぎなかったことを如実に物語る写真を入手した。そこには今をときめく政治家たちと怪しいタニマチの姿があった。』の書き出しで始まる。

記事を読み進むと、野田首相発言が空々しく軽々しく響く。野田首相、蓮舫行政刷新相らは"無駄削減"などできやしないし、やる気も全くない。国民を騙すいつもの台詞だ。

マスメディアが国民に伝えていない事実を以下に示す。

<野田、蓮舫、前原、枝野らは、政権交代前から、闇社会からたくさんの供応を受けていた>

野田グループ幹部(野田、蓮舫、長島、手塚等)、前原、枝野などの民主党無能悪党集団は、「政治とカネ」というフレーズを使って小沢氏を執拗に攻撃した結果、政治権力を掌中にした。
小沢氏をあれほどまでに攻撃しているのだから、彼らはクリーンだと思っていた。ところが事実は大違い。彼らは民主党政権になる前から闇社会と係わっていた。
P19の「民主党の"怪しい"人脈図」をご覧あれ。
野田、蓮舫、前原、枝野らこそ、「政治とカネ」の張本人だということがわかる。

野田氏は暴力団系タニマチと付き合い、接待・献金等の供応を受けていた。3人の在日韓国人からの違法献金も受けていた。このように汚れた首相が過去にいただろうか? 「知らなかった」と、返金すれば済むということではない。首相を返上すべきではないか。


<政治ブローカーM氏・暴力団系タニマチS氏セットの高級料亭で、野田、蓮舫、前原、枝野らは大もて>

M氏は05年頃から年に数回、土建業者らを民主党議員に引き合わせるため、赤坂の高級料亭などで「勉強会」と称する接待を行ってきたという。
ここに、野田・蓮舫・前原・枝野らの民主党無能悪党集団が参加するようになった。
そこには、政治権力を利用しようとする輩が集まる。
野田・蓮舫・前原・枝野らは、M氏、S氏、そこに集う輩の大切なゲストだ。


<常連の手塚議員の言い訳「幹部がいたため嫌々つきあった」>

M氏の宴席にたびたび参加した野田グループの手塚議員はこう釈明する。
「M氏らのグループは下品で、全体的に怪しいと思っていたが、国交相だった前原さんは細野君を連れてちゃんと来る。それでM氏から『最近、財務副大臣の野田はあまり来ねえんだよな』と言われれば逃げられない。野田さんの大事な後援者かな、と思うじゃないですか。怪しい人たちとつきあうのは嫌だなあと、内心思っていたが、党の上の人たちが会合に出ているので出ざるを得なかった。その中に元暴力団関係者がいたと言われても、全員の素性をわかったうえで参加したわけでないので......」
手塚議員が「下品で怪しいグループ。怪しい人とつきあうのは嫌だった」と言っているのだから、野田・蓮舫・前原・枝野らもその素性に気づいていたはずだ。手塚議員は、上の人たちがいそいそと参加するので嫌々参加したという。上も上なら、下も下だ。民主党無能悪党集団は腐りきっている。


<「事業仕分け」直前、料亭宴席での岩国市長が蓮舫・長島氏にお願い!「防衛予算の削減」が取り止めに!>

国民は、"無駄削減"を旗印に上げた民主党政権に大いに期待した。
「事業仕分け」は国民の大関心事になった。ところが、その「事業仕分け」が茶番だった。
「事業仕分け」直前、くだんの宴席に、米軍基地を抱える岩国市の福田良彦市長が参加したという。
その宴席で、福田市長は蓮舫氏と長島議員(当時の防衛政務官)に「防音費などの助成や基地の交付金などは国防に協力している自治体にとって大事な予算なので、削減されると支障が出る。」と説明した。「助成金等を使いやすい仕組みにしてほしい」との要望もしたという。蓮舫氏は「専門家の意見も聞き、検討する」と答えたそうだ。(福田市長談)
その直後に行われた基地周辺対策の事業仕分け会議に、枝野、蓮舫、長島の3氏らがこぞって出席した。そして、住宅防音費は「優先度も高く、予算要求通り」と判定した。枝野氏は「他のところを縮減してでもこちらを執行できる範囲で優先するべき」とまで述べたそうだ。さらに「(交付金や助成金は)使途をより自由にして、地域が自由にして使いやすくすることで効果を高める」方向で見直すとした。こうした結果は福田市長の陳情と見事に重なる。


<編集長記「野田首相ら出席者たちはぜひ、説明責任を果たしてもらいたい」>

河畠大四編集長の「編集長記」(巻末168ページ)を以下に掲載
『民主党の目玉政策のひとつ「事業仕分け」で切り込み隊長だった蓮舫氏や枝野幸男氏らが、対象の事業の利害関係者と仕分けの直前に密会していた!巻頭のスクープ記事を読むと呆れるばかりだ。しかもその結果、なぜか仕分けの対象となった事業の予算が削られなかったのだ。誰が考えても、直前の密会が功を奏したのかと疑いたくなる。そうした誤解を招かないためにも、決して利害関係者とは会うべきでなかった。本誌の取材に回答を避けた野田首相ら出席者達はぜひ、説明責任を果してもらいたい。 (河畠大四)』

野田首相らは説明責任を果さないだろう。
マスメディアもそれを追及することはしないだろう。
野党、良識ある民主党議員は、この問題を国会でぜひ追及して頂きたい。
私達もこの問題を多くの方に知らせ、追及していくべきだ。

2011年9月19日|個別ブログ記事

9月15日 政治報道はイカサマだらけ! 小沢報道 :嘘・偏向報道で、真白なのに真黒に! 菅・前原・野田報道 :真黒なのに批判は僅か!

小沢氏を貶めるなら、なんでもありの状態が続いている。
小沢潰しの首謀者は東京地検特捜部と民主党無能悪党集団(菅・前原・野田・仙石ら)だ。
そして、マスメディアが嘘・偏向報道で加担した。
マスメディアが国民を欺いているわけだが、国民が騙されていることに気づかないのが残念だ。


<東京地検特捜部・民主党無能悪党集団(菅・前原・野田・仙石ら)・マスメディアが小沢氏を失脚させた>

この3年間、東京地検特捜部、民主党無能悪党集団、マスメディア等は、言いがかり程度のことで小沢氏を攻め立てた。彼らは大きな権限と影響力を持っているので、理不尽なことも強引に通してしまう。
東京地検特捜部が西松事件と陸山会事件をでっち上げ、3人の元秘書を起訴した。
さらに、検察審査会事務局が検察と共謀して無実の小沢氏を起訴した。
マスメディアは、この事件に乗じ、嘘・偏向報道や偽世論調査を繰り返し、小沢バッシングを続けた。
嘘報道の極はTBSの朝ズバだ。
http://www.dailymotion.com/video/xg8hne_yyyyyyyyyyyyyytbsyyyyyyyyyyyyyyyyy_news
民主党無能悪党集団は、検察やマスメディアを味方にして、卑劣な小沢攻撃を続けた。そして、小沢・鳩山を駆逐し、自分達が政権の中枢についた。


<民主党無能悪党集団(菅・前原・野田・仙石ら)の小沢攻撃はえげつなかった>

菅・野田・前原・仙石らは、露骨にえげつなく小沢氏の追い落としを謀った。
「秘書が起訴されたのだから代表辞任を」
「秘書3人が逮捕されたのだから幹事長辞任を」
「政治倫理審査会で説明を」
「(総理になったら)不信任案を出して降ろす」(仙石発言)
「起訴されたのだから党員資格停止」

かくして、小沢氏は、代表を追われ、次に幹事長職もやめた。昨年の代表選では菅に敗れた。菅政権は、追い討ちをかけるように、小沢氏の党員資格停止の措置まで取った。


<小沢氏は無実、3人の元秘書の起訴も不当であることが明かに>

9月26日には、西松事件と陸山会事件の判決が出る。
大久保、池田両氏は無罪確実だ。石川議員も、裁判官の心証を余程悪くしない限り、罪に問われることはなさそうだ。
また、陸山会裁判の過程で「小沢氏が収支報告書の期ズレ記載に関与していない」こともはっきりした。検察審査会で起訴議決の容疑事由が否定されたということだ。
従って、小沢氏は真っ白だったということだ。

マスメディアは、このような状況になっても、裁判状況等についての真実報道をしないし、間違った報道をしたことの謝罪もしない。全く卑怯だ。


<罰を受けるべきは、菅・前原・野田・仙石らだった>

今年になって、菅・前原・野田・仙石らのダーティー振りが次々に明かになりつつある。

以下にその事例を示す。

菅氏のお金の問題
菅氏は、在日韓国人からの献金問題で国会でも追及された。
マスメディアはこの問題を殆んど追及しない。うやむやに終わりそうだ。
菅氏には、別の問題が浮上してきている。
東京新聞9月6日付夕刊「菅前首相を告発」.pdf
報道のあらましは以下の通り。
『菅直人前首相の資金管理団体「草志会」が、資金残高がマイナスだったにもかかわらず、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」の派生団体に献金したとして政治資金規正法違反罪で告発された。政治資金収支報告書に記載されていない「献金の原資」が焦点となっている。菅氏は事務所が立て替え払いをしたと説明するが、「数百万円の立て替えは考えにくく、意図的な収入隠しではないか」との指摘も上がっている。告発状を受理した東京地検特捜部は、疑惑解明のため草志会の資金を詳細に調べる方針だ。』
明かに政治資金規正法に違反している。東京地検特捜部が真面目に立件すれば有罪となる可能性が高い。

前原氏のお金の問題
前原氏は、在日韓国人からの5万円の献金問題で外相を辞任した。
その後、代表選立候補の際、別の韓国人3人から31万円の献金を受けていたことを明らかにした。知らなかったでは済ませられる問題ではない。
暴力団との付き合いがあり、パーティー券の購入などをしてもらっていた。
メディアは、これらのこともなんら追及も批判もしない。
批判するどころか、国民が一番総理にしたい政治家だと誉めそやす。
永田メール事件や数々の舌禍で名を馳せているが、政治家としてなんら実績がない。総理にしたい政治家とは呆れる。

野田氏のお金の問題
彼も、2人の在日韓国人から計318,000円の献金を受けていた。
暴力団からパーティー券を買ってもらっていた。
「クリーンな政治」と叫んでいた人だ。総理になる資格はないのでは。


3人は一様に知らなかったと押し通しているが、明かに政治資金規正法に違反している。「政治とカネ」は、彼らに冠する言葉だ。
彼らこそ、罰せられるべきだ。その彼らが、無実の小沢氏を攻撃するのだから呆れる。「盗人猛々しい」とはこのことか。

マスメディアも酷い。
糾弾すべき者を庇い持ち上げ、無実の者を貶めるのだから許せない。

9月26日の判決、来年4月の小沢裁判の判決によって、小沢の「政治とカネ」が全くの虚構であることが明かになる。
マスメディアと民主党無能悪党集団はどう言い訳をするのだろう。

2011年9月15日|個別ブログ記事

9月5日 参議院法務委員会:「東京第五検察審査会の情報公開を求める請願」を審査未了で保留!


<検察の冤罪でっち上げと検察審査会インチキ議決が日本を狂わした>

検察、検察審査会事務局、マスメディアの報道が日本を大きく狂わした。
小沢議員の起訴議決を行った検察審査会についていえば、公正に審査員を選んだとは思えないし、まともな審査会審議で議決されたとも到底考えられない。要はインチキ議決をしたということだ。
そのインチキ議決の実態は明らかにされるべきだ。


<平均年令クルクル検察審査怪?>

2010年10月16日東京新聞こちら特報部「年令クルクル検察審査怪」.pdf
検察審査会事務局が審査員の平均年齢を、30.9歳と発表、足し忘れがあったとして、33.91歳と言い直し、さらに、基準日を間違っていたとして34.55歳と言い換えた。34.55歳は、一回目議決メンバーのそれと全く同じだという。11人の平均年齢の計算を2度も間違えるなど考えられないし、その間違いの理由にも納得できない。公正なくじ引きで、2度続けて、こんなに若い年令の審査員が選ばれる確率はありえない。

 
<"10月末議決の公算"(9月8日報道)が6日後の"9月14日(代表選当日)議決"になった怪?>

大手新聞6社が、9月8日「審査補助員がやっと決まった。これから審査が本格化し、10月末には議決の公算が大きい」と一斉に報道した。
9月8日付大手6紙報道(1).pdf
9月8日付大手6紙報道(2).pdf
6社が報道したのだから、審査会関係者のリークだと思われる。
ところが、この報道の6日後の9月14日代表選投票直前に議決されたというのだ。
さらに不可解なのは、議決発表がなされたのは、議決日から20日も経った10月4日だ。当時の報道は以下の通りだ。
10月5日付朝日新聞記事.pdf
10月6日付読売新聞記事.pdf

この二つの報道には矛盾がありすぎる。
9月8日の記事が真実だとすると、6日間の間に、何か大きな力が働き、一気に議決したということだ。菅政権との関わりがあったことを匂わせる。
また、一般の市民が、6日間で、議論を尽くし、議決の判断を下せると思えない。

平均年齢といい、審議・議決プロセスといい、疑惑だらけだ。
一体どんなカラクリがあったのだろう?

一市民Tも、検察審査会事務局に乗り込み質問をしたが、事務局責任者は回答をはぐらかすばかりで疑惑が深まるばかりだった。
『10月26日 検察審査会事務局に乗り込みました。疑惑だらけでした』
http://civilopinions.main.jp/2010/10/1026.html


<「東京第五検察審査会の情報公開を求める請願」を22人の紹介議員を通じ、参議院に提出>

国会請願を出そうと考え、7023筆の請願署名を集めた。
森ゆうこ先生の骨折りで、22名の紹介議員を通じて、請願書を参議院議長に提出できた。
以下は提出の状況だ。
『4月16日 嬉しいお知らせです。 4月15日「検察審査会の情報開示を求める請願署名」を川内博史議員・森ゆうこ議員に託すことが出来ました!』
http://civilopinions.main.jp/2011/04/416415.html
『7月8日「東京第五検察審査会の情報公開を求める国会請願」が、参議院法務委員会に付託された! 法務委員会委員はぜひ本請願の採択を!』
http://civilopinions.main.jp/2011/07/post_37.html


<参議院法務委員会で審議されたが、審査未了で保留となった>

第177回国会が閉会になった8月31日、請願の紹介議員でもある森ゆうこ議員の事務所から、請願の結果報告を頂いた。
参議院ホームページ「請願結果」.pdf

法務委員会では、野党議員らがこの議案採択について反対をしたのだろう。
紹介議員で委員でもある中村哲治議員、有田芳生議員、田城郁議員等が頑張り、審査未了で保留にこぎつけてくれたものと推察する。
なお、法務委員会のメンバーは以下の通り
参議院ホームページ「法務委員会委員名簿」.pdf


国会もおかしなことになっている。
誰が見ても、今回の検察審査会は怪しいことだらけだし、起訴議決という結果にも納得がいかない。
22名もの多くの参議院議員が賛同し、紹介議員になってくれた。
疑惑満載の審査員の選出と審査会議の状況を明らかにするのは当然だ。
ところが、法務委員会の委員までが真実を明らかにすることを拒んでいる。悪を覆い隠せとする議員が多いということだ。

そのような中で、森ゆうこ議員や中村哲治議員等の良識のある議員が頑張って頂いて大変感謝している。
今後にも期待する。

2011年9月 5日|個別ブログ記事