1月5日 傳田事務局長のごまかしを暴き、菅首相退陣と大メディアに歯止めをかけねば、日本の再生はない!

<菅首相の年頭挨拶には呆れた>

菅首相は、年頭挨拶の冒頭で、小沢氏が国会召集前に政倫審に出席するよう要求、さらに「政治とカネ」の問題で強制起訴された場合、政治家としての出処進退を明らかにすべきと語った。

もう呆れて二の句が告げない。

「政治とカネ」とは一体何だ。「政治とカネ」は、菅政権、マスコミ、検察、検審で作った虚構だ。

起訴といっても、検察が起訴したものと違う。
検察審査会による起訴議決だ。
何度も書いてきたが、検審議決は「架空議決」が濃厚だ。
架空議決だったら、もちろん無効だ。

政府として、「架空議決」疑惑の真相を明らかにしなければならない。

小沢氏をこれ以上排斥し、政治が変わるのか。

権力を守るため、あくどいことも平気で行う。恐ろしい人だ。
人格もなさ過ぎる。
早く降ろさなければ、日本は立ち行かなくなる。


<日本を悪くした元凶は、傳田事務局長、菅首相、大メディアだ>

去年、日本を悪くした面々だ。かれらの行状は何度も書いてきたので省略させていただく。


<検察審査会の架空議決を立証すれば、菅首相退陣と大メディアの横暴に歯止めがかけられる>

検察審査会の架空議決を立証すれば、菅首相がよりどころとする「小沢の政治とカネ」がなくなってしまう。
そうなると、菅首相には政治の主張はゼロだから、自然に消滅するだろう。

検察審査会の架空議決が立証されれば、これまでの小沢潰しの報道が虚構であったことがばれ、大メディアも一気に信用を失っていくだろう。


<検察審査会の架空議決を立証するには、疑惑の数々を国民に知ってもらうことだ>

なんとしても架空議決を立証すべきだろう。
しかし、菅政権や大メディアは、架空議決を明らかにさせないだろう。
立証させるには、国民の大きな声が必要だ。
しかし、国民は架空議決のことは殆んど知らない。
出来るだけ多くの国民に、架空議決のことを伝えたい。


<架空議決のことを伝えるには、4つの記事が有効だ>

一市民Tは、以下の4つの記事を使って、架空議決を伝えるようにしている。
東京新聞(こちら特報部).pdf 「年令クルクル検察審査怪」
"揺らぐ信頼・架空説まで「情報の公開を」"
日刊ゲンダイ記事.pdf 「仰天!小沢検察審:情報公開請求の回答は全て黒塗りだった」 "2回目は記録さえなし"
読売新聞記事.pdf 『審査日「議論は煮詰まった」』
週刊ポスト記事.pdf 『40行でわかる「小沢の政治とカネ」本当の話』

皆様も、ぜひそうしていただきたい。
ネット情報を得られない方達に広めてほしい。


<請願署名をよろしく。一次締めを1月末に変更しました>

多くの国民の声を国会に届けるため、『"小沢一郎議員強制起訴議決"を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願』の署名活動を行っている。

多くの国民の声をまとめ、国会にぶつけたいとの思いからだ。

ぜひご協力をお願いします。

署名集めはこちらからです。

請願署名のお願い4.pdf
請願書(署名用紙).pdf

なお、通常国会開催日が1月28日になりましたので、国会への請願署名提出日を2月初旬にします。

提出の一次締めを1月15日としていましたが、1月末に変更させて頂きます

多くの皆様が署名集めに参加して頂ければ幸いです。

2011年1月 5日