12月23日  東京第五検察審査会事務局は"疑惑のデパート"! 証人喚問すべきは傳田事務局長だ!


ブログの書き出しはこれ

<「検察審査会の情報公開を求める請願」署名活動を大国民運動にしていこう!>

大メディアが作る(偽の)世論を打ち破る国民運動をおこすために、一市民Tは『"小沢一郎議員強制起訴議決"を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願』の100万署名活動を提唱した。

署名集めは以下の資料から

請願署名のお願い3.pdf
 
請願書(署名用紙).pdf

以下の「検察審査会の実態」を多くの国民に知らせ、署名を沢山集めてください。

東京新聞(こちら特報部).pdf 「年令クルクル検察審査怪」
"揺らぐ信頼・架空説まで「情報の公開を」"

日刊ゲンダイ記事.pdf 「仰天!小沢検察審:情報公開請求の回答は全て黒塗りだった」 "2回目は記録さえなし"


<菅内閣、野党、大メディアは暴力装置と化している>

菅内閣、野党、メディアは、全く同じ論調で、「政倫審に出ろ。何故出ない。出ないのなら証人喚問だ。」と連日騒ぎ立てている。

論拠が全くない。

刑事被告人になっているのに、その人権も完全無視だ。

もう、菅政権、野党、大メディアは"小沢潰し"のための暴力装置と化している。

小沢さんに、一体何を説明せよというのか、まったく分からない。

あきれ果てた惨状としか言いようがない。


<40行でわかる「小沢の政治とカネ」本当の話>

今、公正な報道をするメディアはほとんどない。
週刊ポストが頑張っている。
1月7日号に 「小沢一郎激白120分!』を掲載した。

「阿修羅♪」にその記事が転載されているのでご覧下さい。

http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/672.html

対談記事の中で、簡潔にまとめられた記事が掲載されていたので紹介する。

週刊ポスト記事.pdf 『40行でわかる「小沢の政治とカネ」本当の話』

2年間に亘る小沢事件をまとめたものだ。

「小沢の政治とカネ」の事実はこれしかない。
この事実と大メディアの報道を見比べてほしい。
大メディアはこの事実とかけ離れた報道ばかりだ。
「小沢の政治とカネ」はメディアが作り上げたフィクションであることがわかる。

小沢さんに疑惑はない。
従って、説明責任など全く不要だ。
小沢さんは、名誉毀損でメディアを訴えるべきだ。
国民はもっと小沢さんを擁護すべきだ。

40行でわかる「小沢の政治とカネ」本当の話』を多くの国民に読んでもらおう


<東京第五検察審査会事務局こそ、疑惑のデパートだ!>

東京第五検察審査会事務局に対する疑惑はとめどなく多い。
事務局関係者がやったこと、発言した内容のすべてに「疑惑あり」と言ってよいだろう。

重大疑惑は二回目議決だ。本当に審査員が選定されたのか、まともな審査会議を開かれたのかという疑惑だ。
事務局がこの疑惑を晴らそうとしないのが魔か不思議だ。
これだけ疑われれば、潔白であることを示すのが、人間として当然のことだと思うが。

これこそ説明責任が問われる。


<証人喚問すべきは、傳田みのり東京第五検察審査会事務局長だ!>

小沢さんは、30億円ものお金を使った大捜査で、無罪と判断された。
それを覆し、東京第五検察審査会が「強制起訴」との判断を下した。

その審査会の議決に大きな疑惑が発生したのだ。
今のところ、疑惑は一切解明されていない。

国会は、傳田みのり東京第五検察審査会事務局長を証人喚問すべきだ。

証人喚問で、全ての疑惑をはっきりさせるべきだ。

菅首相、仙石大臣、岡田幹事長は疑惑解明を求めず、道理のない、小沢氏の証人喚問を求めている。
彼らは、審査会疑惑問題を無視し続けている。

証人喚問などで、強制起訴議決が無効になると、「小沢の政治とカネ」の問題が霧散してしまう。小沢氏追い落としの材料がなくなってしまうからだ。

余りに卑劣すぎないか。

国会議員は、東京第五検察審査会事務局長の証人喚問を強く求めるべきだ

2010年12月23日