11月25日 またもや検審幽霊疑惑!「小沢検察審:情報公開請求の回答は全て黒塗りだった。二回目は記録さえもなし」(日刊ゲンダイ)


しばらくは、本文に入る前に以下のことをお知らせする。

<目標は100万筆です>

『"小沢一郎議員強制起訴議決"を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願』の署名活動がスタートしました。

一回目の締めは12月15日です。二回目の締め切りを2011年1月15日とさせて頂きます。
出来るだけ早くご提出お願いします。

下記資料を取り出し、検察審査会の実態を知らせ、山のように請願署名を集めましょう。

請願署名のお願い3.pdf

請願書(署名用紙).pdf


<日刊ゲンダイ「情報公開請求の回答は、全て黒塗り。2回目は記録さえもなし」>

とにかく、以下の日刊ゲンダイ記事を見て頂きたい。

日刊ゲンダイ記事(11月25日).pdf

『こんなデタラメが許されるのか』の書き出しだ。

日刊ゲンダイはさすが早い。10月18日に情報公開請求をしている。
一市民Tらが検審に行ったのは10月25日。

催促して、やっと11月17日に日刊ゲンダイに回答が届いたという。
それも、一回目の「審査事件票」なるものだ。しかも、受理日時、一回目審査日時、議決日などは黒で塗りつぶされている。

『さらに驚愕なのは、この「審査事件票」は2回目分が存在しないのである。「(最高裁の)通達で、2回目の会議については(審査事件票を)作成することになっていません。」(検察審事務局) アホか。......... こうなったら、疑惑まみれの第5検察審の審査員は名乗り出て、洗いざらいブチまけるべきだろう。』とある。

「いないのに、出て行けないよう」という幽霊の声が聞けそうだ。

まがりなりにも、一回目の審査員は存在したと言いたいのだろうか。

一市民Tが推測した通り、二回目の審査員は存在しなかったのではないか。


<みんなでやろうぜ、100万人請願署名。今こそ、国民の皆様立ち上がりましょう!>

検察審査会事務局は、もうアップアップの状態だ。
しかし、事実を明らかにしたら大変になる。
とことん口を割らないで頑張るのだろう。

最後の鉄槌は100万署名を突きつけることだ。

国民の皆様、もっと怒りましょう。

その怒りを請願署名にぶつけましょう。

ほうっておくと、いつか貴方だって、裁判所に引っ張り出されることがありますよ。

周りの方にも日刊ゲンダイの記事を見せてください。
署名を頂けるでしょう

2010年11月25日